スポーツの日の由来と面白い雑学、2021年7月23日の今日は何の日?

7月23日の「今日は何の日?」は「スポーツの日」です。
また「スポーツの日」にちなんで「野球のホームベースが五角形の理由」「サッカーの試合で子供と入場する理由」などスポーツにまつわる面白い雑学を紹介します。

7月23日はスポーツの日

今回は「スポーツの日」について解説していきます!
「スポーツの日」については国民の祝日に関する法律によって定められた日本の国民の祝日の一つとなります。

祝日法の第2条によると「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」という事を目的とした日としています。
現在は「スポーツの日」と呼ばれている祝日ですが、もともとは1964年(昭和39年)に東京オリンピックの開会式が行われたことをきっかけにして、10月10日を「体育の日」としたことが由来で誕生した祝日です。

1966年から1999年までは10月10日が「体育の日」でしたが、ハッピーマンデーが始まったことによって祝日が月曜日へと移動することになり、「体育の日」についても10月の第2月曜日へと移動することとなりました。
スポーツにちなんだ祝日であることから、スポーツ施設などでは施設の利用料金を割引にしたり、無料で開放するといったイベントが行われることもあります。

そして、2020年には「スポーツの日」と名称が改められることになりました。
また、2021年に関しては、東京オリンピックの開催時期にあわせて、10月の第2月曜日から7月23日に移動しています。

スポーツの雑学

今回は「スポーツの日」にちなんで「野球のホームベースが五角形の理由」「サッカーの試合で子供と入場する理由」などスポーツにまつわる面白い雑学を紹介します。