ボタンの日の由来と面白い雑学、11月22日の今日は何の日?

11月22日の「今日は何の日?」は「ボタンの日」です。
また「ボタンの日」にちなんで「男女でボタンの向きが違う理由」「スーツの袖にボタンが付いている理由」などボタンにまつわる面白い雑学を紹介します。


今日は何の日?

10月28日は…

11月22日はボタンの日

今回は「ボタンの日」について解説していきます!
なぜ11月22日が「ボタンの日」なのかというと、1870年11月22日にヨーロッパスタイルのネイビールックが日本海軍の制服に採用されたことが由来となっています。

採用された日本海軍の制服の前万には2行で各9個、そして背面には2行で各3個の金地桜花のボタンがつけられていたそうです。
「ボタンの日」については日本のボタン業界によって、1987年に制定された記念日となります。

服飾ボタンの団体である一般社団法人日本釦協会によると「ボタン産業の育成」がこの記念日を制定した目的としています。
日本古来よりボタンのようなものは存在していましたが、現在のようなボタンが日本で一般的に流通するようになったのは明治維新の後だったそうです。

それまではボタンは一般的なものではなく、江戸時代の中期の頃には一部の人にしか知られていませんでした。
「ボタン」という言葉もポルトガル語が由来となっており、江戸時代中期の「安斎随筆」によると「ポルトガル国にてはブタンと言ふ」と記されています。


ボタンの雑学

今回は「ボタンの日」にちなんで「男女でボタンの向きが違う理由」「スーツの袖にボタンが付いている理由」などボタンにまつわる面白い雑学を紹介します。

男女でボタンの向きが違う理由

普段何気なくシャツに袖を通してボタンを締めているかと思いますが、実は男女のシャツには決定的な違いがあります。
それは、男女でボタンのついている向きが左右で逆になっているという違いです。

なぜ男女でボタンの向きが違うのかについては諸説あるそうですが、その中でも特に有名な説を紹介します。
中世ヨーロッパ時代の貴族の女性はとても豪華な服を着用していましたが、自分で着脱することがとても難しかったようです。

そこで、使用人などに手伝ってもらって服を脱ぎ着していたのですが、最初から手伝ってもらうことを前提としてボタンを逆側につけていたのです。
どうせ自分だけでは着脱出来ないのですから、効率良く手伝ってもらうための工夫として女性側のボタンを逆にしたんですね。


スーツの袖にボタンが付いている理由

スーツの袖についているボタンにまつわる雑学です。
正直言って、スーツの袖についているボタンは何かを固定出来る訳でもないですし、いらないなって思うことがありますよね。

諸説あるそうですが、スーツの袖にボタンを付けるように最初に提案したのはナポレオンだとされています。
ナポレオン率いるフランス軍は何度も遠征を行いましたが、その中でもロシア遠征はとても寒く過酷なものでした。

あまりの寒さに兵士たちの鼻水も止まらなくなったことから、鼻水を軍服の袖で拭うようになりました。
そこで、軍服が汚れてしまうことを嫌ったナポレオンが、軍服の袖にボタンを付けさせたことが現在のルーツとなっているようです。

以上がボタンの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(11月22日)
小雪
大工さんの日
いい夫婦の日
ボタンの日
ショートケーキの日
禁煙の日
カニカマの日

■明日は何の日?(11月23日)
勤労感謝の日
ゲームの日
外食の日
小ねぎ記念日
不眠の日
乳酸菌の日

■昨日は何の日?(11月21日)
ボジョレーヌーボー解禁日
インターネット記念日
世界テレビ・デー
フライドチキンの日
漬物の日
myDIYの日