フリーランスの日の由来と面白い雑学、12月16日の今日は何の日?

12月16日の「今日は何の日?」は「フリーランスの日」です。
また「フリーランスの日」にちなんで「ノマドワーカーってどういう意味?」「サラリーマンという言葉の語源」など仕事にまつわる面白い雑学を紹介します。


12月16日はフリーランスの日

今回は「フリーランスの日」について解説していきます!
なぜ12月16日が「フリーランスの日」なのかというと、2008年12月16日にランサーズ株式会社がスタートしたことが由来となっています。

ランサーズ株式会社では、フリーランスでお仕事をされている方にはお馴染みのクラウドソーシングサービスである「ランサーズ」を運営しています。
「ランサーズ」は日本初のフリーランスを支援するプラットフォームとして運用が開始されました。

現代ではインターネットの急速な普及により、好きな時に好きな場所で仕事ができる世の中が実現されつつありますよね。
また、ランサーズのようなサービスが開始されたことにより、フリーランスの仕事が手軽に見つけられるようになりました。

そして「フリーランスの日」を制定することにより、次世代の働き方であるフリーランスの理解を深め、個々の力を高めてもらうことが目的となっています。
企業に属することに嫌気がさしている方や自分の技術に自信のある方については、フリーランスという働き方を選択肢の一つとして持つのもありですよね。


仕事の雑学

今回は「フリーランスの日」にちなんで「ノマドワーカーってどういう意味?」「サラリーマンという言葉の語源」など仕事にまつわる面白い雑学を紹介します。

ノマドワーカーってどういう意味?

「ノマドワーカー」という言葉を聞いたことがありますか?
ノマドワーカーについても働き方について表す言葉の一つで、2010年頃から徐々に使われるようになった言葉です。

「ノマド」には「遊牧民」という意味があり、ノマドワーカーとは遊牧民のような働き方をする人を指します。
つまり、オフィスやデスクなど特定の場所に縛られず、自由に移動しながら仕事をする人ということですね。

わかりやすい例を挙げると、カフェなどでノートパソコンを開けて仕事をしている人などを指します。
いつも同じ場所で仕事をしていると思考が凝り固まってしまいますが、働く場所を変えることで違った目線を物事を考えられるようになるなどの利点があります。


サラリーマンという言葉の語源

サラリーマンとは「給料生活者」という意味の言葉であり、つまり「会社員」などを指す言葉ですよね。
「サラリー」という英語は給料という意味ですが、実は語源となった言葉はお金を意味する言葉ではなかったのです。

サラリーという言葉の語源はラテン語で「塩」を意味する「サラリウム」からきているものと考えられています。
古代ローマ時代は塩は貴重品であり、古代ローマ時代に雇われた兵士たちは給料として塩が支給されていました。

このことが語源や由来となってサラリーマンという言葉が誕生したんですね。
サラリーマンという言葉自体は意外と昔から使われており、大正時代には既に使われていたとされています。

以上が仕事の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(12月16日)
電話創業の日
紙の記念日
フリーランスの日
エコの日
トロの日

■明日は何の日?(12月17日)
飛行機の日
明治ブルガリアヨーグルトの日
いなりの日
減塩の日
国産なす消費拡大の日

■昨日は何の日?(12月15日)
観光バス記念日
年賀はがき引受開始日
ザメンホフの日
お菓子の日
中華の日