学校給食記念日の由来と面白い雑学、12月24日の今日は何の日?

12月24日の「今日は何の日?」は「学校給食記念日」です。
また「学校給食記念日」にちなんで「ご飯の日でも牛乳が出てくる理由」「校長先生は給食の毒見をしている」など給食にまつわる面白い雑学を紹介します。


12月24日は学校給食記念日

今回は「学校給食記念日」について解説していきます!
なぜ12月24日が「学校給食記念日」なのかというと、1947年12月24日に東京都千代田区立永田町小学校でララ物資の贈呈式が行われたことが由来となっています。

ララ物資とはアジア救援公認団体(通称:ララ)が提供していた日本向け援助物資のことです。
贈呈式はGHQ、アジア救援公認団体、日本政府立ち合いの下に行われて、同日から東京都、神奈川県、千葉県で試験的に学校給食が始まりました。

「学校給食記念日」は文部省(文部科学省)によって制定された記念日であり、当初は「学校給食感謝の日」という名称でした。
日付についても12月24日ではなく、各地の学校では1月24日を「学校給食記念日」としています。

これは12月24日という日付が冬休み期間中にあたる場合もあるためで、1951年からは1か月後の1月24日を「学校給食記念日」としたためなんですね。
また、1月24日から1週間を全国学校給食週間としており、1日目にあたる1月24日を「学校給食記念日」としているそうです。


給食の雑学

今回は「学校給食記念日」にちなんで「ご飯の日でも牛乳が出てくる理由」「校長先生は給食の毒見をしている」など給食にまつわる面白い雑学を紹介します。

ご飯の日でも牛乳が出てくる理由

ご飯も牛乳もとてもおいしいですが、正直言ってご飯を食べながら牛乳を飲むのって相性が良くないですよね。
給食ではパンの日でもご飯の日でも必ず牛乳が出てきますが、これにはちゃんとした理由があります。

実は給食には必ず牛乳を出すように日本の法律で定められているからなんですね。
学校給食施行規則には以下のように記載されています。

「完全給食とは、給食内容がパン又は米飯(これらに準ずる小麦粉食品、米加工食品その他の食品を含む。)、ミルク及びおかずである給食をいう。」

牛乳は栄養満点ですし、当然ながら現在の学校給食でも必ず出されるようになっているそうです。


校長先生は給食の毒見をしている

校長先生には実は給食の毒見という重要なお仕事があります。
校長先生は学校の生徒たちが給食を食べ始める前に、先に給食を食べています。

そうすることによって、食中毒にならないか、給食に異常がないかなどのチェックを行っているんですね。
この校長先生が行う毒見は「検食」と呼ばれるもので、必ず行うように学校給食法に記載されています。

学校給食法によると「当日の給食は学校給食調理場及び共同調理場の受配校で決めた責任者が行うこと」とされています。
また、児童生徒が給食を食べ始める30分前までに行うようにも決められています。

以上が給食の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(12月24日)
クリスマス・イブ
学校給食記念日
削り節の日

■明日は何の日?(12月25日)
クリスマス
スケートの日
昭和改元の日
歯茎の日
プリンの日

■昨日は何の日?(12月23日)
東京タワー完成の日
テレホンカードの日
不眠の日
乳酸菌の日