清水トンネル貫通記念日の由来と面白い雑学、12月29日の今日は何の日?

12月29日の「今日は何の日?」は「清水トンネル貫通記念日」です。
また「清水トンネル貫通記念日」にちなんで「トンネルの非常口はどこに繋がっている?」「トンネルの明かりが所々消えている理由」などトンネルにまつわる面白い雑学を紹介します。


12月29日は清水トンネル貫通記念日

今回は「清水トンネル貫通記念日」について解説していきます!
清水トンネルとは群馬県の土合と新潟県の土樽の繋ぐトンネルのことであり、1929年12月29日に開通しました。

清水トンネルは全長9702メートルであり、開通当時は日本に存在するトンネルとしては最長のトンネルでした。
当時の技術で10キロ近くのトンネルを開通させるのは大変なことで、開通までには7年の歳月がかかりました。

そして、清水トンネル開通工事には7年間で240万人もの作業員が投入されたそうです。
また、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」という一節を聞いたことはありませんか?

川端康成の小説である「雪国」の冒頭文ですが、この一節に登場する「トンネル」とは実は清水トンネルのことなのです。
2009年2月6日には経済産業省から、笹子トンネルや柳ヶ瀬トンネルなどとともに近代化産業遺産に認定されています。


トンネルの雑学

今回は「清水トンネル貫通記念日」にちなんで「トンネルの非常口はどこに繋がっている?」「トンネルの明かりが所々消えている理由」などトンネルにまつわる面白い雑学を紹介します。

トンネルの非常口はどこに繋がっている?

トンネルの中を走っていると、非常口が設置されていることがありますよね。
しかし、実際にあの非常口を使う機会はほとんどなく、非常口の先がどのようになっているのか知っている人は少ないですよね。

実は非常口の先は反対車線のトンネルであったり、避難通路に繋がっているのです。
必ずしも避難通路を作っておく必要がなく、トンネルの先が崩れたとしても、反対車線のトンネルに出られれば、安全に避難することが出来ますよね。

そして、場合によっては非常口が設置されていないトンネルもあります。
非常口は約750メートルの間隔で設置されるため、短いトンネルには非常口が設置されていない場合もあるのです。


トンネルの明かりが所々消えている理由

トンネルの明かりが所々消えているのを見かけたことがありませんか?
明かりが消えているのは管理不足であったり、停電しているというわけではなく、敢えて明かりを消しているそうなんです。

明かりを消すことは一見すると危険に思えるかもしれませんが、実はドライバーの安全を守るために消しているのです。
トンネルの外と中では明るさに差があることから、トンネルの出入りによって目がくらんでしまう危険があります。

つまり、明かりを所々消すことにより、徐々にドライバーの目を慣れさせて、ドライバーの目がくらまないようにしているんですね。
以上がトンネルの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(12月29日)
シャンソンの日
福の日
清水トンネル貫通記念日
ふくの日

■明日は何の日?(12月30日)
大納会
地下鉄記念日
みその日
EPAの日

■昨日は何の日?(12月28日)
身体検査の日
ディスクジョッキーの日
シネマトグラフの日
にわとりの日