1月7日は松納め、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

松納め今日は何の日
1月7日の「今日は何の日?」は「松納め」です。
また「松納め」にちなんで「門松を飾る由来は?」「お城に松が植えられている理由」など松にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月7日は松納め

今回は「松納め」について解説していきます!
「松納め」については、正月の門松やしめ飾りを取り払う日のことであり、「松納め」以外にも「松下ろし」「松あがり」「松払い」「松引き」「松送り」などとも呼ばれています。

お正月飾りの定番である門松ですが、最近では一軒家に住んでいる人が少なく賃貸に住んでいる人が多くなっているからか、ほとんど見かけなくなりましたよね。
門松については12月13日以降に飾るものだとされていて、この日は「松迎え」だとされています。

12月13日以降になると「松の内」と呼ばれ、この期間中であればいつ門松を飾っても良いとされています。
しかし、この期間中にクリスマスがあることから、クリスマス以降に門松などの正月飾りを飾る家庭が多いですよね。

ここで気をつけなくてはならないこととして、12月29日については「二重苦」という語呂であることから、門松を飾る日としては縁起が悪いとされています。
また、12月31日に飾るのは「一夜飾り」とされていて、新年の年神様を迎えるのにあたって失礼にあたることから、それ以前に飾った方が良いとされています。

松納めについては松の内である1月15日まで飾っておいても良いのですが、現在では1月7日が松納めの日として根付いているため、1月7日に片付けるのが無難です。
門松を片づけた後から正月が終わるまでの期間を「松過ぎ」とも呼ぶそうです。

スポンサーリンク

松の雑学

今回は「松納め」にちなんで「松の雑学」を紹介します。

門松を飾る由来は?

日本の伝統となっている門松ですが、そもそもなぜ門松を飾るのか理由を知っていますか?
門松を飾る風習は古来からあって、長さが違う3本の竹に松を束ねてから、それに梅の枝を合わせて縄で縛って飾っていたそうなんです。

これは正月に降りてくる神様から見えやすいように目印として置くようになったことが由来となっているのです。
正月に降りてくる神様は年神様であったりお正月様などと呼ばれていて、その家に降りてくると幸福をもたらすとされていました。

松が選ばれているのにも理由があって、「松」と「待つ」を掛け合わせて、神様を待っているという意味で松を使っているのです。
また、松竹梅についてはその全てにおめでたい意味が込められていることから、門松は松竹梅を使って作られているそうです。

お城に松が植えられている理由

お城に植えてある木といえば皆さんは何を想像しますか?
おそらく「松」を想像する人が多いかと思いますが、実際にお城の敷地内にはとある理由から「松」が植えられているのです。

実はお城の敷地内に松の木がたくさん植えられているのは、城攻めなどをされた場合に長期間にわたって籠城する際の非常食となるためなんです。
松の木には葉緑素やビタミンやミネラルといった栄養素が含まれている事から、いざという時の栄養補給に重宝されていたのです。

もちろん松の木にかじりついて食べるのではなく、松の木の荒皮の部分を取り除いて白い生皮の部分を調理して食べます。
生皮を臼でついて柔らかくして水に漬けて苦みや臭みを抜いた後に、残った汁を皮でこしてから干すと粉が出てきます。

その粉を麦の粉などに混ぜることによって餅や団子を作って食べていたのです。
日本の歴史でも何度か飢饉を迎えましたが、その時に街中に生えている松の木は非常食となるため、皮がはがされて丸裸になることもあったそうです。

以上が松の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月7日)
松納め
七草粥の日
爪切りの日

■明日は何の日?(1月8日)
イヤホンの日
勝負事の日

■昨日は何の日?(1月6日)
ケーキの日
色の日

スポンサーリンク

フォローする