1月13日はたばこの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

たばこの日今日は何の日
1月13日の「今日は何の日?」は「たばこの日」です。
また「たばこの日」にちなんで「たばこを止めると太る理由」「たばこは1本でも死んでしまうことがある」などたばこにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月13日はたばこの日

今回は「たばこの日」について解説していきます!
なぜ1月13日が「たばこの日」なのかというと、1946年1月13日に当時の高級たばこであった「ピース」が発売されたことが由来となっています。

戦後の日本でたばこの自由販売の銘柄第一号として発売されたということから、1月13日が「たばこの日」に制定されることとなりました。
発売当初のピースは10本入りで7円、日曜や祝日に1人1箱だけの購入制限がかけられていたそうです。

戦後の7円は現在の貨幣価値に換算すると大体60~70円ぐらいになるそうで、当時は高級品だったたばこでも60円~70円とかなり手頃な値段で買えるということがわかりますよね。
昔は街中のいたるところでたばこを吸う事ができましたが、現在では分煙や禁煙が進んでいることから、喫煙者の片身はかなり狭くなっていますよね。

そもそもたばこを吸うスペースがかなり限られている事から、たばこを吸うのを止めたという人も多いのではないでしょうか。
昔は電車の中でたばこを吸っている人もいたそうで、分煙が進んでいる現在では考えられない光景ですよね。

また、たばこの値段がここ数十年で一気に上がっているため、これを機会にしてたばこをやめる人が増えていて、日本の人口における喫煙者の割合が減少を続けているそうです。

スポンサーリンク

たばこの雑学

今回は「たばこの日」にちなんで「たばこの雑学」を紹介します。

たばこを止めると太る理由

健康的な身体を目指して禁煙をはじめた結果、体重が増えて太ってしまってかえって不健康な身体になってしまうなんて話はよくありますよね。
たばこを止めると太ってしまうというのは都市伝説などではなく、ちゃんとした科学的根拠があるそうです。

たばこに含まれている成分でお馴染みの「ニコチン」ですが、この成分には空腹感を抑制する作用があるのです。
たばこを吸っている人を見ているとあまり大食いの人がいなくて痩せている人が多いのは、ニコチンの作用によって空腹感が抑制されているからなんですね。

また、ニコチンには血糖値を上昇させる作用もあるそうなので、たばこを止めると空腹感の抑制がなくなることと重ねて、いつも以上に空腹を感じるようになってしまいます。
食欲がいつもよりも増していることから食べる量も増えてしまいますし、いつも以上に食べ物がおいしく感じられることから食べすぎてしまうことから、たばこを止めると太ってしまうと言われているのでした。

たばこは1本でも死んでしまうことがある

たばこを吸う事によって肺や気管が傷んでしまって寿命が縮まるとは言われていますが、そもそもたばこ1本でも間違えば命を落とすことがあるって知っていましたか?
たばこの主成分である「ニコチン」ですが、そのまま摂取してしまうと命を落としてしまう可能性もあるほど毒性が高いんです。

普段吸っていてもなぜ大丈夫なのかというと、フィルターを通してたばこの煙を吸いこんでるからであり、その際にニコチンも燃えることから有毒な成分を直接吸い込まずに済んでいるからなんです。
しかし、小さな子供などが間違えてたばこを食べてしまった場合には、有毒な成分をそのまま摂取することになるため、命を落としてしまうこともあるのです。

たばこ1本あたりにはニコチンが数グラムは含まれているそうなんですが、これは致死量に値するそうです。
特にお子さんのいる家庭などではたばこの持つ危険性を理解して、たばこを吸うように心掛けてください。

以上がたばこの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月13日)
たばこの日

■明日は何の日?(1月14日)
愛と希望と勇気の日
どんど焼き

■昨日は何の日?(1月12日)
スキーの日

スポンサーリンク

フォローする