1月17日はおむすびの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

おむすびの日今日は何の日
1月17日の「今日は何の日?」は「おむすびの日」です。
また「おむすびの日」にちなんで「おにぎりとおむすびの違い」「おにぎりが三角形の理由」などおにぎりにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

1月17日はおむすびの日

今回は「おむすびの日」について解説していきます!
なぜ1月17日が「おむすびの日」なのかというと、1995年1月17日に淡路島北端を震源とする阪神・淡路大震災が発生したことが由来となっています。

「おむすびの日」については米に関係する民間企業やJA等でつくる「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」によって2000年11月に制定されて、2001年から実施されている記念日となります。
日付は公募によって選出されたそうで、阪神・淡路大震災でボランティアの炊き出しで被災者が励まされたことから1月17日の公募が多かったそうです。

阪神・淡路大震災でボランティアをしてくれた人の善意をいつまでも忘れないようにするため、1月17日が「おむすびの日」として制定されました。
また、おむすびに関連する記念日は他にも制定されていて、6月18日も「おにぎりの日」となっています。

こちらの「おにぎりの日」については、石川県鹿西町(現 中能登町)によって制定されたものであり、町内の遺跡で日本最古の「おにぎりの化石」が発見されたことから「おにぎりの里」として町興しをすることが目的となっているそうです。
コンビニの売り上げの中でもおにぎりはかなりの割合を占めているそうですし、日本古来から現代まで日本人がおにぎりをこよなく愛しているということがよくわかりますね。

スポンサーリンク

おにぎりの雑学

今回は「おむすびの日」にちなんで「おにぎりの雑学」を紹介します。

おにぎりとおむすびの違い

持ち運びするのにも便利ですし軽食としても大人気の「おにぎり」ですが、なぜか「おにぎり」と呼ばれる事があったり「おむすび」と呼ばれることもありますよね。
この「おにぎり」と「おむすび」にはどのような違いがあるのでしょうか。

呼び方の違いは諸説あるとされていますが、地域によって呼び方が変わることが多いそうです。
関東や東海道の一部ではおにぎりのことをおむすびと呼ぶ地域があるそうで、その他の地域のほとんどではおにぎりが定着しています。

また、地域以外にも形や握り方によっても呼び方が変わるとされていて、おむすびはもともとは神の力を授かるためにお米を山に見立てて三角形に握られたものであるため、「おむすび=三角形」と考えられています。
おにぎりについてはお米を握った「握り飯」のことなので、お米を握って作られたものであれば形は関係なくおにぎりと呼ばれるそうです。

おにぎりが三角形の理由

コンビニやスーパーで売られているおにぎりを見ていると、そのほとんどが三角形をしていますよね。
実はおにぎりを三角形にしているのには理由があるんです。

なぜ三角形にしているのかというと、おにぎりを少しでも大きく見せるために工夫をしているからなんです。
同じ米の量を使ったものでも、丸い形のおにぎりよりも三角形のおにぎりの方がボリュームがあるように見えるそうです。

また、大量に運搬をする際にも三角形の形状が生き、丸いおにぎりよりも奇麗に敷き詰められることから、一度に大量のおにぎりを運搬できるのです。
以上がおにぎりの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(1月17日)
おむすびの日

■明日は何の日?(1月18日)
都バス記念日
118番の日

■昨日は何の日?(1月16日)
禁酒の日

スポンサーリンク

フォローする