2月20日はアレルギーの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

アレルギーの日今日は何の日
2月20日の「今日は何の日?」は「アレルギーの日」です。
また「アレルギーの日」にちなんで「キスでアレルギー症状が出る!?」「アレルギーに効く食べ物」などアレルギーにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月19日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

2月20日はアレルギーの日

今回は「アレルギーの日」について解説していきます!
なぜ2月20日がアレルギーの日なのかというと、1966(昭和41)年2月20日に、免疫学者の石坂公成・照子夫妻によって、ブタクサによる花粉症の研究からアレルギーを起こす原因となる免疫グロブリンE(lgE)の発見を発表したことが由来となっています。

現在は当たり前のようにアレルギーという言葉が浸透し、食品にもアレルギー物質が含まれている場合には表記する義務がありますよね!
この「アレルギーの日」が制定されたのは1995年のことで、財団法人日本アレルギー協会によって制定されました。

2月20日はアレルギーの日とされていますが、2月20日前後の1週間を「アレルギー週間」ともしています。
ちなみに、アレルギーってどんな症状かをご存じですか?

アレルギーは簡単にいうと免疫反応が過剰に起こってしまうことです。
人間は身体に異物が侵入すると、身体を守るためにその異物を攻撃したり身体の外へと追い出そうとします。

アレルギー反応はそこまで身体に有害な物質じゃないのにも関わらず、特定の物質に対して過剰に身体が反応してしまうことなんですね!

スポンサーリンク

アレルギーの雑学

今回は「アレルギーの日」にちなんだ「アレルギーの雑学」を紹介します。

キスでアレルギー症状が出る!?

2005年のカナダでボーイフレンドとのキスが原因でアレルギー症状が出てしまい、ショック状態となり亡くなってしまった少女がいました。
彼女は極度のピーナッツアレルギーだったのですが、もちろんピーナッツを口にしていません。

ボーイフレンドが彼女とキスをする前にピーナッツバターのサンドイッチを食べていた事により、アレルギー症状が出てしまったのです。
ボーイフレンドも知らなかった事とはいえ、大変なショックを受けたことでしょう。

皆さんも恋人がいる場合は、恋人が極度の食べ物アレルギーを持っていないかを確認してから、キスをした方が良いのかもしれません。
このケース以外にも恋人とキスをした事によって発疹が出たケースも存在するようです。

アレルギーに効く食べ物

アレルギーによく効く食べ物を紹介します。

ヨーグルト

ヨーグルトは花粉症にも効くと言われていますが、実はアレルギーの症状を和らげる効果もあります。
アレルギー体質の人は、腸内のバランスが乱れている人が多く、ヨーグルトの乳酸菌が腸内環境を改善する事により、アレルギーの症状を緩和するのです。

また、アレルギー症状はTh1細胞とTh2細胞の免疫バランスが崩れると発祥しますが、この免疫バランスを改善する効果もあります。

バナナ

人による臨床試験でも結果が出ているのがバナナです。
20歳以上の軽いアレルギー症状を持つ26人の患者に、毎日バナナ2本を食べて貰ったところ、食べなかった患者に比べてくしゃみなど、アレルギーの症状が緩和されたそうです。

医学的根拠ははっきりしていませんが、ビタミンB6の作用で脳内のセロトニン合成を促進した結果、アレルギー症状の悪化を抑えられたとされています。

以上がアレルギーに関する雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(2月20日)
歌舞伎の日
アレルギーの日

■明日は何の日?(2月21日)
日刊新聞発刊の日

■昨日は何の日?(2月19日)
プロレスの日

スポンサーリンク

フォローする