3月12日はモスの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

モスの日今日は何の日
3月12日の「今日は何の日?」は「モスの日」です。

スポンサーリンク



3月12日はモスの日

今回は「モスの日」について解説していきます!
なぜ3月12日が「モスの日」なのかというと、1972(昭和47)年3月12日に東武東上線成増駅前スーパーの地下1階に初めてモスバーガーの実験店がオープンしたことが由来となっています。

記念すべき第一号店は実験店だったため、2.8坪しかない土地でオープンされました。
そして、実験店の営業はわずが3ヶ月で終了し、同年の6月には成増駅前商店街の入り口に正式に成増店がオープンがオープンしました。

「モスの日」はモスバーガーの従業員にとっては「感謝される仕事をしよう」という原点を思い起こす日でもあり、お客様へ感謝する日にもなっているそうです。
また、モスバーガーでは毎年3月12日のモスの日にイベントを行っており、1997年以来ずっと続いています。

普段は他のチェーン店を利用している方も3月12日にはモスバーガーに顔を出してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



モスバーガーの雑学

今回は「モスの日」にちなんだ「モスバーガーの雑学」を紹介します。

モスバーガーの「モス」って何?

モスバーガーの「モス」が何を意味しているかを知っていますか?
「モス=蛾」という人もいますが、もちろんそんなわけありません。

モスバーガーのモスの綴りは「MOS」となり、「Mountain(山)」「Ocean(海)」「Sun(太陽)」のそれぞれの単語の頭文字を省略したものとなります。
これには「山のように気高く堂々と」「海のように深く広い心で」「太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って」という意味が込められていいるのでした。

モスバーガーの裏技

モスバーガーで注文をする時にいくつかの裏技が使用できるそうなので、紹介します。
※店舗によっては使えないかもしれません

野菜を増量できる

野菜の増量サービスはサンドイッチで有名なサブウェイの専売特許かと思いきや、実はモスバーガーでもできるそうです。
注文する時に「野菜を多めにしてもらえますか?」と注文すればかなり増量されますし、もちろん逆に野菜が苦手な人は少なめを注文する事もできます。

オニオンリングを大きめで注文

注文をする際に「オニオンリングは大きめの貰えますか?」と言うと、店員さんが既に出来上がったオニオンリングから大きめのものを選んでとってくれるそうです。
なんだか少しお得な気分ですよね。

無料でマヨネーズとケチャップが貰える

実は無料でマヨネーズとケチャップが貰えるって知っていましたか?
フライドポテトにこってりとソースをつけたい人などにはオススメです。

以上がモスバーガーの雑学です、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(3月12日)
サイフの日
モスの日

■明日は何の日?(3月13日)
サンドイッチデー
青函トンネル開業記念日

■昨日は何の日?(3月11日)
コラムの日
パンダ発見の日

スポンサーリンク



フォローする