3月20日は春分の日、由来を解説【今日は何の日?】

春分の日今日は何の日
3月20日の「今日は何の日?」は「春分の日」です。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月20日は春分の日

今回は「春分の日」について解説していきます!
3月は雪の降る地域では雪が溶け始め、雪が降らない場所では暖かくなり始め、学生にとっては卒業式が行われるなど、季節の節目を感じる時期ですよね。

また、祝日でお休みなので社会人にとっては嬉しい日でもありますよね。
そんな「春分の日」はどんな由来があって定められたのでしょうか?

春分の日の由来

春分の日は国民の祝日の一つとして定められていて、「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」という意味が込められています。
しかし、自然をたたえて生物をいつくしむのは別に3月である必要がないですよね?

実はもともとは「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」ではなく「春季皇霊祭」という祝日だったのです。
「春分の日」が制定されたのは昭和23年のことで、それ以前は歴代の天皇や皇后など霊を慰める儀式を行う日でした。

春分の日の前後の7日間はお彼岸の時期でお墓参りをする時期でもあり、この時期にあわせて歴代の天皇や皇后の霊を慰め、その日を祝日としていたのです。
国が定めた祝日の中では歴史が古く「春季皇霊祭」が制定されたのは1878年のことでした。

春分の日はどうしてずれるの?

2017年の春分の日は3月20日となりますが「春分の日」はその年によって日付が変わりますよね!
これは「祝日法」と呼ばれる法律によって春分の日が定められているからなんです。

祝日法によると「天文学上の太陽が春分点に来る日が春分の日」とされています。
この「春分点」がその年によって違うため春分の日もずれてくるんですね!

スポンサーリンク

春分点とは?

春分点は二十四節気によって決まっています。
二十四節気は太陽が移動する黄道上に24つの点をうつことにより、四季よりもさらに細かく季節を定めたものです。

他には夏至や冬至、秋分などがありますが春分も二十四節気の一つとなります。
春分点は24の点のうちの1つとなりますが、黄道の1周が360度であることと1年が365日であることから、その年によって春分点を迎える時間が変わり、春分の日の日付も変わってくるんですね。

二十四節季は他にも夏至や当時、秋分などがあると先ほど書きましたが、これらの日付がその年によってずれてくるのも同じ理由となります。
春分の日についてご理解頂けましたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月20日)
春分の日
電卓の日

■明日は何の日?(3月21日)
ランドセルの日
カラー映画の日

■昨日は何の日?(3月19日)
ミュージックの日
カメラ発明記念日

スポンサーリンク

フォローする