3月24日はマネキン記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

マネキン記念日今日は何の日
3月24日の「今日は何の日?」は「マネキン記念日」です。
また「マネキン記念日」にちなんで「マネキンと結婚した人がいる」「マネキンに顔がないのはなぜ?」などマネキンにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

12月19日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

3月24日はマネキン記念日

今回は「マネキン記念日」について解説していきます!
なぜ3月24日が「マネキン記念日」なのかというと、1928(昭和3)年3月24日に上野公園で開かれた大礼記念国産振興東京博覧会で高島屋呉服店が日本初のマネキンガールを登場させたことが由来となっています。

現在では「マネキン」といえば当たり前のようにイメージするかと思いますが、「マネキンガール」とあるように当時は生身の人間がマネキン役を担当する事もあったようです。
1925(大正14)年にはマネキン人形を生産する会社が誕生していましたが、まだまだ全国には普及していなかったということですね。

マネキンはフランス語では「モデル」という意味の「マヌカン」が語源であり、英語読みである「mannequin(マネキン)」が日本に伝わって誕生した言葉です。
「マヌカン」という言葉は「客をまねかん(マヌカン)」とされて縁起が悪かったため、「招き猫」とかけて「マネキン」という読み方が採用されました。

語呂であったり縁起といったものを大切にするのはいかにも日本人らしいですよね。

スポンサーリンク

マネキンの雑学

今回は「マネキン記念日」にちなんで「マネキンの雑学」を紹介します。

マネキンと結婚した人がいる

マネキンといえば当たり前ですが人形ですよね。
しかし、このマネキン人形を愛するあまりにマネキンと結婚した男性がいるのです。

それはイギリスに住むエバラート・クニオンさんという男性でした。
彼は生身の女性には全く興味がなく、結婚したマネキン人形以外にも9体のマネキンと一緒に暮らしていました。

そして、1体と結婚してなんとマネキンに花嫁衣装を着せて教会で結婚式も挙げたそうです。
自分の好きなものと結婚できたということは幸せだったのでしょうか・・・

マネキンのスリーサイズ

マネキンって洋服をカッコ良く、または可愛く着こなせるようにスタイルよく作られていますよね。
それじゃあマネキンってスリーサイズはどれぐらいなの?という疑問から、某社のマネキンのスリーサイズを調べてみました。

女性用のマネキンで、身長は164cm、バスト:80.0cm~83.5cm、ウエスト:58.5cm~63.0cm、ヒップ:86.0~90.0cmといったサイズのようで、やはりスタイル抜群であることが分かりました。
確かにマネキンのスタイルが悪くてカッコ悪かったら誰も買ってくれないですからね。

マネキンに顔がないのはなぜ?

マネキンって簡単に鼻筋や口や目がついていますが、基本的には顔が無いですよね?
これにはちゃんと理由があるのですが知っていましたか?

それは、マネキンに顔がついているとその顔でイメージが固定されてしまうからなんです。
客が服を買う際に顔がついていない方が自分がその服を着ているイメージがつきやすいため、あえて抽象的になるように顔が無いのでした。

以上がマネキンの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(3月24日)
マネキン記念日
ホスピタリティデー
世界結核デー

■明日は何の日?(3月25日)
電気記念日

■昨日は何の日?(3月23日)
世界気象デー

スポンサーリンク

フォローする