4月14日はフレンドリーデー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

フレンドリーデー今日は何の日
4月14日の「今日は何の日?」は「フレンドリーデー」です。
また「フレンドリーデー」にちなんで「友達が少ないと死亡率が上がる」「友達は150人までが限界」など友達にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月17日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



4月14日はフレンドリーデー

今回は「フレンドリーデー」について解説していきます!
なぜ4月14日が「フレンドリーデー」なのかというと、四(よ)一(い)四(よ)で「(友達って)よいよねと」という語呂合わせが由来となっています。

この「フレンドリーデー」は株式会社スーパープランニングによって2000年11月に制定されました。
「自分にとって大切な友達と友情を確認しあう日」という事を目的として制定された記念日となります。

人間は他の人との関わり無しには生きてはいけないって言いますよね。
もちろん友達は大切な存在ですが、友達も含めて色々な人との繋がりがあって自分が存在しているということを常日頃から忘れてはいけないと思います。

「フレンドリーデーだから」という理由で友達を遊びに誘うのは恥ずかしいかもしれませんが、4月14日に「フレンドリーデー」だという事は隠して、友達を誘って友情を再確認してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク



友達の雑学

今回は「フレンドリーデー」にちなんで「友達の雑学」を紹介します。

友達が少ない人は死亡率が上がる

友達は人生においてとても重要な存在ですが、自分の生命にとっても重要な存在だって知っていましたか?
なんと、友達が多い人に比べて友達の少ない人は死亡率が高いという驚きのデータが存在しているのです。

約30万人を対象としたビッグデータから、人間の寿命に一番影響を与えているものについて調べたところ、人間とのつながり、つまりは友達の数が寿命に一番影響するという結果が出ました。
喫煙や飲酒などの方がよっぽど寿命を縮めそうなので意外ですよね。

実際に急性心筋梗塞で入院中の人を対象に、お見舞いに来てくれる人の人数と半年以内の死亡率の関係を調査したところ、誰もお見舞いに来てくれなかった患者は70%が亡くなってしまったのに対して、2人以上の友達がお見舞いに来てくれた人の死亡率は26%だったそうです。
孤独な状態だと生きる活力もわかずに、身体が回復しようとしないからなんですかね・・・

できれば多くの友達に囲まれて長く人生を楽しみながら生きていたいですよね。

友達の数は150人が限界

友達が多いことは悪いことではありませんが、安定した友人関係を保てる限界の人数は150人だという研究結果があります。
イギリスの人類学者であるダンバーという人物が、猿の群れなどが安定した関係が保てる数を調べた結果、150匹が限界だったそうです。

このことから、人間についても現実の友人やSNSにいる仮想世界の友人をあわせても150人が良好な友人関係を保つことができる限界だとされました。
たまに凄い人数のコネクションを持っている人がいますが、150人以上の友達がいるのだとしたら、その人は「友達を作る才能」が普通の人間よりも優れているのかもしれません。

以上が友達の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月14日)
フレンドリーデー
オレンジデー
椅子の日

■明日は何の日?(4月15日)
ヘリコプターの日
遺言の日
よい酵母の日

■昨日は何の日?(4月13日)
決闘の日
喫茶店の日
水産デー

スポンサーリンク



フォローする