4月19日は飼育の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

飼育の日今日は何の日
4月19日の「今日は何の日?」は「飼育の日」です。
また「飼育の日」にちなんで「シマウマの身体が縞模様である理由」「ワニの性別は卵を暖める温度で決まる」など動物にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月19日は飼育の日

今回は「飼育の日」について解説していきます!
なぜ4月19日が「飼育の日」なのかというと、四(し)一(い)九(く)で「しいく」という語呂合わせが由来となっています。

日本動物園水族館協会によって2009年に制定されました。
2009年は「日本動物園水族館協会」が創立されてから70周年を迎えたそうです。

この「飼育の日」には動物園では普段見ることのできない飼育員の裏側の仕事について講演会を開くことによって「動物園や水族館の役割を理解してもうら」ということが目的となっています。
「飼育の日」にちなんで4月19日にはイベントを開催している動物園もあります。

動物園や水族館の飼育員の仕事は命の危険も伴ってくる場合もありますし、単純に動物が好きなだけでは勤まらない過酷な仕事だと思います。
私たちが普段から動物園や水族館で生き物の展示を楽しんで見られるのも飼育員の働きがあってのことなんですよね!

「飼育の日」には飼育員の方に感謝しながらお近くの動物園や水族館に足を運んでみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

動物の雑学

今回は「飼育の日」にちなんで「動物の雑学」を紹介します。

シマウマが縞模様である理由

シマウマは動物園で見かけたことがある人もいると思いますが、その最大の特徴は何と言っても白と黒の縞模様ですよね。
実はこの縞模様は自分の身を害虫から守るためだって知っていましたか?

アフリカにはツェツェバエという虫が生息していて、人間も含めてこのツェツェバエに刺されてしまうと、眠り病という病気にかかってしまい死んでしまう可能性があります。
虫の目には縞模様が見えづらいようで、縞模様である事によってシマウマはツェツェバエなどの害虫に刺されないようになっているのです。

普通の動物は気が生えているため虫に刺されることはあまりないのですが、体毛の短いシマウマは縞模様という独自の進化をして害虫から身を守りました。
実際にツェツェバエを捕まえて調査してみたところ、他の動物の血は見つかりましたが、シマウマの血が見つかることは少ないようです。

昔はライオンに襲われないようにするためのカモフラージュとして縞模様になっていると言われていましたが、最近ではこの説が有力視されています。

ワニの性別は卵を温める温度で決まる

世界最大の爬虫類として知られているワニですが、実はワニの性別は孵化する前の卵を温める温度によって変わってくるって知っていましたか?
ワニの卵を育てる時に、暖かい気温に設定しておけばオスとなって孵化して、寒い気温に設定しておくとメスとなって孵化するそうです。

ワニがまだ卵の段階では、オスのホルモンが出ていて、オスのホルモンをメスに変える酵素も卵の中に存在しています。
このバランスによってオスかメスかが決定されるのですが、気温が一定以上に高くなるとオスのホルモンをメスのホルモンに変える酵素が壊れてしまうため、そのままオスとあります。

逆に、気温が低いと酵素の働きが活性化されるためオスのホルモンはほとんどメスのホルモンとなってしまい、メスのワニが生まれます。
気温は33度以上だとオス、30度以下だとメス、30度~33度はオスメスどちらになるかはわからないそうです。

以上が動物の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月19日)
地図の日
飼育の日

■明日は何の日?(4月20日)
穀雨
郵政記念日
青年海外協力隊の日
女子大の日

■昨日は何の日?(4月18日)
発明の日
お香の日
よい歯の日

スポンサーリンク

フォローする