5月19日はセメントの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

セメントの日今日は何の日
5月19日の「今日は何の日?」は「セメントの日」です。
また「セメントの日」にちなんで「そもそもセメントって何?」「セメントはかなり昔から存在していた」などセメントにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

5月19日はセメントの日

今回は「セメントの日」について解説していきます!
なぜ5月19日が「セメントの日」なのかというと、1875年5月19日に日本初のポルトランドセメントが誕生したことが由来となっています。

日本初のセメントが誕生した工場は官営深川工場であったとされており、江戸時代からセメントの工業化が進められていましたが当時の技術では難しく、試行錯誤の上でようやく工業化に辿り着くことができました。
現在は日本初のセメントの生産工場であった深川工場はすでに無くなってしまいましたが、深川工場の跡地には「本邦セメント工業発祥之地」という碑が建てられているそうです。

色々な記念日について調べてきましたが、まさかセメントについての記念日があるとは驚きですよね。
それまでは輸入に頼らざるを得なかったセメントを日本国内で工業化したことにより、その後の日本の建築に大きく貢献したことは間違いありません。

スポンサーリンク

セメントの雑学

今回は「セメントの日」にちなんで「セメントの雑学」を紹介します。

そもそもセメントって何?

そもそもセメントって何かを知っていますか?
石材にはコンクリートやアスファルトやモルタルなど色々な種類があるため、あまりセメント自体が何かを知っている人って少ないですよね。

セメントは簡単にいうと「セメントは石灰石や粘土、酸化鉄や鋼鉄などを混ぜて焼き上げ、それを細かく砕いたもの」となります。
セメントだけでは強度が弱いため、基本的にはセメント単体を使うことはあまりないようです。

セメントはコンクリートやモルタルといった石材を生成する時に使われる材料であり、ハンバーグでいうところの「つなぎ」のような役割をしています。
また、水を練りこんでペースト状のようにして、パテのように使ってひび割れた石材などを補修する時にも使われます。

セメントはかなり昔から存在していた

日本国内でセメントが工業化されたのは近代に入ってからのことでしたが、実はセメント自体はかなり古代から利用されていたものだって知っていましたか?
セメントが利用されている古代の建築物で有名なものはピラミッドなどが例にあげられます。

古代エジプト時代からセメントが存在していることが証明されていますし、古代ギリシアや古代ローマ時代から残っている歴史的な建造物を見てみてもセメントが利用されているものがたくさんあるのです。
古代でもセメントは貴重な石材の材料として活躍しており、水中工事であったり道路故事にも利用されていたそうです。

日本は古来より木造建築の建物が多く、逆に世界には石材を使った建造物が多く残っているのは、セメントを利用し始めた時期に差があるからなんですね。
以上がセメントの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月19日)
ボクシングの日
セメントの日

■明日は何の日?(5月20日)
東京港開港記念日
成田空港開港記念日
ローマ字の日

■昨日は何の日?(5月18日)
ファイバーの日
ベビーブームの日
ことばの日

スポンサーリンク

フォローする