5月21日はリンドバーグ翼の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

リンドバーグ翼の日今日は何の日
5月21日の「今日は何の日?」は「リンドバーグ翼の日」です。
また「リンドバーグ翼の日」にちなんで「ビジネスクラスの座席が前方の理由」「飛行機の機長と副操縦士は違う食事を食べる」など飛行機にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

5月21日はリンドバーグ翼の日

今回は「リンドバーグ翼の日」について解説していきます!
なぜ5月21日が「リンドバーグ翼の日」なのかというと、1927年5月21日にチャールズ・リンドバーグがパリに到着し、大西洋無着陸横断飛行に成功した事が由来となっています。

リンドバーグによる大西洋横断飛行が始まったのは前日の午前7時52分のことでした。
スピリット・オブ・セントルイス」と名附けられた飛行機でニューヨークを出発しました。

21日の午後には有名な言葉である「翼よ、あれがパリの灯だ」とともに、パリのル・ブールジェ空港に無事に着陸し、大西洋無着陸横断飛行に成功することとなりました。
その飛行距離はなんと約5800kmであり、飛行時間は33時間30分だったそうです。

現在では自動操縦などがあり、当然ながら飛行機の性能が上がったことによって短時間で到着できるようになりましたが、当時でこれだけの長距離を長時間飛行し続けるのはまさに偉業ですよね。

スポンサーリンク

飛行機の雑学

今回は「リンドバーグ翼の日」にちなんで「飛行機の雑学」を紹介します。

ビジネスクラスの座席が前方の理由

飛行機にはエコノミークラスやビジネスクラス、ファーストクラスなど様々なグレードの座席が用意されていますよね。
そして、ビジネスクラスやファーストクラスなどの座席は飛行機の前方に配置されていることが多いのです。

これには理由がいくつかあります。
まず、座席を前方に配置することで飛行機のエンジンからより離れることになるため、飛行中のエンジン音が静かになるためです。

そして、前方の座席の方が乗り降りに時間が掛からないという点もあげられます。
さらに、ドリンクや食事といった機内サービスについても前方から配られることが多く、前方の座席のほうが何かと優先してサービスを受けることができるのです。

逆に後方の座席は価格が安い分、エンジンから近く騒音や振動が大きくなってしまい、機内サービスも受けづらい環境となっています。

飛行機の機長と副操縦士は違う食事を食べる

飛行機を運転し乗客を安全に目的地へ運ぶのが飛行士の仕事ですよね。
飛行機には必ず機長と副操縦士が乗るのが規則となっていますが、実は機長と副操縦士が食事を取る際には別のものを食べているて知っていましたか?

当然ですが、機長だから副操縦士よりも高価な食事をとっているわけではありません。
それは、仮に同じタイミングで同じ食事をとってしまったとして、二人が同時に食中毒になってしまう事を避けるためなのです。

せっかく操縦士が二人もいるのにも関わらず、二人が同時に体調不良を起こしてしまっては意味がなくなってしまいますよね。
飛行機が安全に航行するためにも、機長と副操縦士は違う時間帯に違うメニューの食事をとるようにしているのでした。

以上が飛行機の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(5月21日)
小満
小学校の日
リンドバーグ翼の日
ニキビの日

■明日は何の日?(5月22日)
国際生物多様性の日
ガールスカウトの日
サイクリングの日

■昨日は何の日?(5月20日)
東京港開港記念日
成田空港開港記念日
ローマ字の日

スポンサーリンク

フォローする