6月3日は測量の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

測量の日今日は何の日
6月3日の「今日は何の日?」は「測量の日」です。
また「測量の日」にちなんで「伊能忠敬は地図を描きたかったわけではない」「エベレストは測量する度に高さが変わる」など測量にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月3日は測量の日

今回は「測量の日」について解説していきます!
なぜ6月3日が「測量の日」なのかというと、1949年6月3日に「測量法」が公布されたことが由来となっています。

当時の建設省(現在の国土交通省)、国土地理院などによって1989年に制定されました。
この日は「測量・地図への幅広い理解と関心を深めてもらうこと」を目的とした記念日となっています。

また、測量や地図へ理解と関心を深めることを目的とした啓蒙行事などが、国の機関や関係団体によって行われているそうです。
外を歩いていたり車に乗って走っていると、三脚を立てて何かを測定している人を見かけますよね?

何の仕事をしている人なのかと思う人もいるかもしれませんが、あの人たちが行っているのがまさに測量であり、測量士になるためには国家試験を受けて合格しなければならないのです。
もしかするとあなたの住んでいる自治体でも行われているかもしれませんし、測量などに興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

測量の雑学

今回は「測量の日」にちなんで「測量の雑学」を紹介します。

伊能忠敬は地図を描きたかったわけではない

日本全国を歩いて回って日本で初めて正確な日本地図を作成したことで有名なのは伊能忠敬ですよね。
伊能忠敬が作った日本地図は現在の日本地図と重ねて比較してみてもほとんど誤差がないぐらい正確なものでした。

50歳という年齢を超えてから測量を始めたわけですが、実は別に正確な日本地図を作成したいから測量を始めたわけではないんです。
50歳になった伊能忠敬はすでに隠居をしていたため、趣味として天文学を学んでいました。

当時はすでに地球は丸いという事がわかっていましたが、世界を一周するのにどれほどの距離があるかまではわかっていませんでした。
そこで、北極星の高さを2つの地点で観測することにより、地球の外周の距離を割り出せることに気づいた伊能忠敬は、外国が攻めてきた来た時の国防のために正確な日本地図が必要と幕府に提案し、測量の旅に出るのです。

つまり、地球の外周の距離を調べることが本来の目的であり、日本地図の作成はそのついでというわけだったんですね。

エベレストは測量する度に高さが変わる

世界一標高が高くて有名な山といえば数々の登山家が登頂に挑戦しているエベレストですよね。
もちろんエベレストも測量の対象となっているわけですが、エベレストは測量されるたびに標高が変わっているって知っていましたか?

エベレストの標高は一般的には8848メートルだとされており、これは1945年にインドによって測量されたものとなっています。
しかし、続いて1999年に全米地理学協会によって測定したところなんと8850メートルだということが判明しました。

更にその後も中国によって2005年に測量が行われることとなりましたが、今度は8844メートルという結果になったのです。
エベレストはこのように測量されるたびに毎年標高が変化しているのですが、いつの日か正確な標高が測定できる日がくるのでしょうか・・・

以上が測量の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月3日)
測量の日
ケロミンの日

■明日は何の日?(6月4日)
虫歯予防デー
虫の日
蒸し料理の日

■昨日は何の日?(6月2日)
横浜港開港記念日
長崎港記念日
イタリアワインの日

スポンサーリンク

フォローする