6月18日は海外移住の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

海外移住の日今日は何の日
6月18日の「今日は何の日?」は「海外移住の日」です。
また「海外移住の日」にちなんで「リオデジャネイロはポルトガルの首都だった」「ブラジル人はO型しかいない」などブラジルにまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月21日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月18日は海外移住の日

今回は「海外移住の日」について解説していきます!
なぜ6月18日が「海外移住の日」なのかというと、1908年6月18日に本格的な海外移住の第一陣781人を乗せた笠戸丸が、ブラジルのサントス港に到着したことに由来しています。

「海外移住の日」については国際協力事業団(JICA)によって1966年に制定された記念日となります。
日本人が移住する前までは、ブラジルではアフリカ大陸からの奴隷によって大規模なコーヒー農園を経営して利益を出していました。

しかし、奴隷制度が禁止されてからは労働者が不足する事態に陥りました。
一方その頃の日本は日露戦争後であり、戦争による賠償金が得られなかった事により日本では資金が不足していました。

労働力が不足しているブラジルと資金が不足している日本の思惑が一致することにより、労働力として日本人がブラジルへと移住することとなったのでした。
現在でもブラジルには100万人以上の日系ブラジル人が住んでいるとされています。

スポンサーリンク

ブラジルの雑学

今回は「海外移住の日」にちなんで「ブラジルの雑学」を紹介します。

リオデジャネイロはポルトガルの首都だった

現在のブラジルの首都といえばブラジリアですが、その昔、ブラジルの首都はリオデジャネイロでした。
しかも、ブラジル帝国としてリオデジャネイロが首都であった時期もあるのですが、海を超えた国であるポルトガルの首都であった時期もあるのですから驚きですよね。

19世紀のポルトガルはフランス帝国の皇帝であるナポレオン率いるフランス軍による侵攻を受けていました。
ポルトガル王室は首都のリスボンを脱出せざるを得なくなった結果、植民地支配をしていたブラジルのリオデジャネイロへと向かいました。

そして「ポルトガル・ブラジル及びアルガルヴェ連合王国」として、リオデジャネイロを首都としたのでした。
その後、国王がポルトガルに帰還したことにより首都もリオデジャネイロからリスボンへと移ることとなりました。

ブラジル人はO型しかいない

ブラジルに関する意外な雑学の一つとして、ブラジル人にはO型しかいないというものがあります。
ここでいうブラジル人とはブラジルに定住している人という意味ではなく、純血のブラジル人の事を指しています。

そのため、ブラジルにはO型の人がとても多く住んでいるんです。
なぜそこまでO型の人が多いのかというと、1500年ごろに流行した病気である「梅毒」が原因だとされています。

O型の血液を持っている人は梅毒への免疫力が高かったのですが、その他の血液型はO型ほどの免疫力がなかったため、もともと少なかったO型以外の血液型の人が絶滅してしまったのです。
そのため、先祖がずっとブラジル人で両親もブラジル人同士であった場合には、必ずO型のブラジル人が生まれてくることになり、純血のブラジル人は全員O型ということになるのです。

以上がブラジルの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月18日)
父の日
海外移住の日
おにぎりの日

■明日は何の日?(6月19日)
ベースボール記念日
元号の日
ロマンスの日

■昨日は何の日?(6月17日)
おまわりさんの日
世界砂漠化防止の日

スポンサーリンク

フォローする