6月29日は佃煮の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

佃煮の日今日は何の日
6月29日の「今日は何の日?」は「佃煮の日」です。
また「佃煮の日」にちなんで「佃煮はもともと漁師の保存食だった」「佃煮と時雨煮の違い」など佃煮にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

11月25日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

6月29日は佃煮の日

今回は「佃煮の日」について解説していきます!
なぜ6月29日が「佃煮の日」なのかというと、東京・佃島の氏神・住吉神社が創建されたのが正保3(1646)年6月29日であることが由来となっています。

佃島にある住吉神社は佃煮の発祥の地とされています。
「佃煮の日」は全国調理食品工業協同組合によって2004年に制定された記念日となります。

現在ではあまり食べられることがなくなってきましたが、佃煮は白いご飯にぴったりで本当に美味しいですよね。
佃煮の種類は多く、地方によって様々な特産の佃煮を見かけることがあります。

また、ご飯によく合うことと長期にわたって保存が出来ることから、もしかするといまだに常備されている家庭もあるのではないでしょうか。
レシピを検索してみると本当に色々な種類の佃煮が作れて、さらに料理の初心者でも作れるのが有難いです。

日本食の代表ともいえますし、普段佃煮を食べない人はぜひ「佃煮の日」を機会にして佃煮を食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

佃煮の雑学

今回は「佃煮の日」にちなんで「佃煮の雑学」を紹介します。

佃煮はもともと漁師の保存食だった

佃煮はいまや日本の食卓の代表的な一品となっており、幅広い食材が使えることから何かもう一品がほしいときなどに大活躍するおかずですよね。
そんな佃煮ですが、佃煮はもともと漁師たちの保存食として食べられていたって知っていましたか?

江戸湾にはプランクトンが豊富であったことから、小魚が大量に獲れたとされています。
そのため佃島の漁師たちは湾内で獲れた小魚などをそのまま海に戻すなどして捨てていたそうですが、やがては小魚を煮込むことにして保存食としました。

これが佃煮の誕生だとされていて、佃煮は長く保存ができることから不漁が続いた時などには備蓄食品として活躍したそうです。
その後は参勤交代の影響を受けて加賀藩に伝わり、やがて全国的に佃煮が広がっていくこととなりました。

佃煮と時雨煮の違い

日本には佃煮以外にも色々な煮物料理が存在していますよね。
佃煮と味付けの似ている煮物に「時雨煮(しぐれに)」などがありますが、いったい違いは何なのでしょうか?

時雨煮については本来は「桑名のしぐれ蛤」を指す料理となります。
時雨煮の特徴としては生姜を入れて煮込むのですが、蛤の中で特に立派なものを生姜を加えた佃煮にしたものが「しぐれ蛤」と呼ばれていたそうです。

時雨煮という名前については時雨の頃に蛤が美味しくしくなるからなど諸説あるそうです。
つまり、時雨煮は基本的には佃煮と調理法が同じで佃煮の一種であり、違いは生姜を入れて煮込むというところです。

以上が佃煮の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(6月29日)
ビートルズ記念日
佃煮の日

■明日は何の日?(6月30日)
トランジスタの日
ハーフタイムデー
大祓

■昨日は何の日?(6月28日)
パフェの日
貿易記念日

スポンサーリンク

フォローする