7月6日はピアノの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

ピアノの日今日は何の日
7月6日の「今日は何の日?」は「ピアノの日」です。

スポンサーリンク



7月6日はピアノの日

今回は「ピアノの日」について解説していきます!
なぜ7月6日が「ピアノの日」なのかというと、1823年7月6日にシーボルトが初めて日本にピアノを持ち込んだことが由来となっています。

1823年というと日本がまだ江戸時代の頃で、武士がたくさんいた時代の日本にすでにピアノがあったというのは驚きですよね。
シーボルトといえば「シーボルト事件」が有名ですが、日本の発展に色々と貢献している人物なんですよね。

ドイツ人の医師であったシーボルトは日本を研究するためにオランダを経由して日本に入国していました。
当時は鎖国をしていたため限られた国を経由することでしか日本には入国出来なかったんですね。

シーボルトは日本の研究を進める傍らで医学について自然科学の知識を日本へと伝えました。
しかし、帰国をしようとしたところ、当時国外に持ち出すことが禁じられていた日本地図を所持していたため、国外追放となってしまうのでした。

シーボルトがいなければ日本にピアノという楽器が伝わるのが明治時代になってからだったかもしれませんね。

スポンサーリンク



ピアノの雑学

今回は「ピアノの日」にちなんで「ピアノの雑学」を紹介します。

バッハはピアノが嫌いだった

音楽に興味のない人でもバッハの名前ぐらいは聞いた事があるのではないでしょうか。
バッハは中世のドイツで活躍した作曲家、音楽家で、音楽の授業では「音楽の父」と習いますよね。

数々の名曲をこの世界に生み出してきたバッハですが、作曲だけではなく鍵盤楽器の演奏技術もとても優れていたそうで、特に即興演奏を得意としていたとされています。
そんな鍵盤楽器を得意としていたバッハですが、実はピアノが嫌いだったと言われているんです。

バッハが活躍していた時代には既にピアノが発明されており、鍵盤楽器を弾くバッハももちろんピアノを弾いたのですが、気に入らなかったせいか1度だけ弾いて以来は2度とピアノを弾くことはなかったそうです。
バッハが普段弾いていた鍵盤楽器はオルガンやチェンバロであり、バッハが作曲した曲がチェンバロやオルガンが中心となっているのには理由があったんですね。

グランドピアノに屋根がついている理由

ピアノコンサートの映像などがテレビで流れたり、または学校で音楽の先生がピアノを弾く時などには、グランドピアノの屋根の部分を開いてつっかえ棒で固定していますよね。
グランドピアノがの屋根が開いている美しい流線型のデザインが際立って美しく見えますが、実は見た目をよくするためだけに屋根を開けているのではないのです。

実は、グランドピアノは屋根を開けておくことによって音を反射させてより音を反響させることができるんです。
屋根の右側の部分を持ち上げて開けるような仕組みになっているため、ピアノのコンサートなどの時は観客席に右側の開いてる方が見えるようにしてピアノが配置されます。

そうすることによってお客さんの耳により良い音が響くようになっているんですね。
屋根の開き具合は三段階が調整できるようになっていて、開けば開くほど音が大きくなり、開き具合が小さければそれに伴って音もも小さくなります。

もちろん屋根を閉じたままで演奏することもできますが、屋根が開いている時に比べて音は小さくなります。
以上がピアノの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(7月6日)
ピアノの日
公認会計士の日

■明日は何の日?(7月7日)
小暑
七夕
カルピスの日
冷やし中華の日

■昨日は何の日?(7月5日)
あなごの日
ビキニスタイルの日

スポンサーリンク



フォローする