7月12日は人間ドックの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

人間ドックの日今日は何の日
7月12日の「今日は何の日?」は「人間ドックの日」です。
また「人間ドックの日」にちなんで「バリウムはあえて不味く作られている」「健康診断を受けると寿命が縮む」など健康診断にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

8月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

スポンサーリンク



7月12日は人間ドックの日

今回は「人間ドックの日」について解説していきます!
なぜ7月12日が「人間ドックの日」なのかというと、1954年7月12日に国立東京第一病院(現在の国立国際医療研究センター病院)で人間ドックが始められた事が由来となっています。

当時の日本にはまだ「人間ドック」という言葉自体が存在していなかったため、「短期間入院特別健康精査」という名称で呼ばれていました。
「短期間入院」という言葉が使われているのも、現在では検査をお願いする内容によって半日から一週間ぐらいと期間が変わってきますが、人間ドックが始まった当初は6日間かけて入院して検査を行っていたからです。

やがて、この「短期間入院特別健康精査」仕組みが各新聞社によって報道されましたが、その時に読売新聞の記事で初めて「人間ドック」という言葉が使われて、段々と「人間ドック」がという言葉が定着していくこととなりました。
ちなみに、よく「人間ドッグ」と間違われますが正しくは「人間ドック」であり、ドックは船を修理・点検するための設備という意味である英語の「dock」が由来となっています。

スポンサーリンク



健康診断の雑学

今回は「人間ドックの日」にちなんで「健康診断の雑学」を紹介します。

バリウムはあえて不味く作られている

健康診断を受けた時にバリウムを飲んだ経験はありますか?
バリウムは改良が進んだ結果、昔よりは飲み干さなければいけない量が減っていますし、病院によってはメロンやイチゴといった味のついたバリウムもありますが、不味いものは不味いですよね。

しかし、実はバリウムは適切な診断を行うためにあえて不味く作っているって知っていましたか?
そもそもなぜバリウムを飲むのかというと、バリウムはX線を通さない性質をもっているため、消化器官を撮影できるようにするためなんです。

もしもバリウムを美味しく作ってしまうと、脳が美味しいと判断した結果、胃腸の動きが活性化することによって撮影がうまくいかなくなり、正しい診断が出来なくなってしまうんです。
バリウムだけはどうしても苦手という人がいるかもしれませんが、やはり現段階では健康のために我慢して飲むよりしょうがないということですね。

健康診断を受けると寿命が縮む

皆さんは健康診断を定期的に受けていますか?
病気は早期発見することによって死亡するリスクがかなり軽減されるため、定期的に身体の健康をチェックするのは欠かせないことですよね。

しかし、世界で行われたとある検証によると、なんと健康診断を受けると寿命が短くなってしまうという衝撃の結果が出たのです。
その検証は参加人数は1200人であり、半分に分かれて一方は健康診断を受け、もう一方は何の診断も受けないという検証内容でした。

その検証を行ったところ、健康診断を受けなかった方が長生きする割合が多かったという結果が出たのです。
あまり自分の身体の事を気にしすぎるのももしかするとストレスを溜めこんでしまうのかもしれませんね。

しかし、この検証ではたまたまこの結果が出ましたが、健康診断による寿命への影響には何の医学的根拠もありませんので、健康診断を受けているという方は病気の早期発見のためにも、今後も健康診断を定期的に受けた方がよいでしょう。
以上が健康診断の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(7月12日)
人間ドックの日
洋食器の日

■明日は何の日?(7月13日)
オカルト記念日
生命尊重の日
ナイスの日

■昨日は何の日?(7月11日)
真珠記念日
世界人口デー

スポンサーリンク



フォローする