7月31日はパラグライダー記念日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

パラグライダー記念日今日は何の日
7月31日の「今日は何の日?」は「パラグライダー記念日」です。

スポンサーリンク



7月31日はパラグライダー記念日

今回は「パラグライダー記念日」について解説していきます!
なぜ7月31日が「パラグライダーの日」なのかというと、1988年7月31日に北九州市で第1回パラグライダー選手権が開かれたことが由来となっています。

パラグライダーはスカイスポーツの一種ですが、実は意外にも誕生したのが最近なんです。
パラグライダーの原型とされているのはNASAが開発した宇宙船回収用のパラフォイルだとされています。

このパラフォイルを応用して人間もパラシュートを使って山の斜面から走ってジャンプすれば空を飛べると考えられたことからパラグライダーが誕生しました。
初めてパラグライダーに挑戦したのはフランス人であり、1978年に四角いパラシュートを使って山の斜面を降りたことがパラグライダーの始まりだとされています。

以後、10年ほどが経過した1986年ごろから日本にも徐々にパラグライダーが普及し始めました。
パラグライダーは空高く飛んでいるイメージがあるかもしれませんが、それは技術の向上によるもので、当初は山の斜面と並行して滑空して飛ぶのが限界で、飛行時間も5分程度しか無かったそうです。

現在では技術が向上した結果、2~3時間も飛ぶことが可能となっています。

スポンサーリンク



パラグライダーの雑学

今回は「パラグライダー記念日」にちなんで「パラグライダーの雑学」を紹介します。

パラグライダーは上昇することもできる

パラグライダーはパラシュートに乗って空からゆっくりと時間をかけて下降していくイメージがありますよね。
しかし、現在のパラグライダーは上昇して高度を上げる事も可能だって知っていましたか?

実はパラシュートを上手く操作して上昇気流に乗る事ができれば、どんどん高度を上げることができるんです。
これは一般のフライヤーでも頑張れば出来る技術であり、過去には高度4500メートルまで上昇させた人もいるそうです。

富士山の高度が3776メートルであることから、富士山よりも遙かに高く高度を上げていることがわかりますよね。
飛行時間をとても長く稼ぐことも出来るため、直線距離では400キロメートル以上も飛行した記録も残っているそうです。

パラグライダーとハンググライダーの違い

空を飛ぶスカイスポーツにはパラグライダー以外にもハンググライダーと呼ばれるものがありますよね。
パラグライダーとハンググライダーは全く違うスカイスポーツなんですが、違いはわかりますか?

パラグライダーはパラシュートを使って空を飛ぶのに対して、ハンググライダーは三角形の翼の飛行機のような乗り物に手を掛けて空を飛ぶスポーツになります。
パラシュートと比べてハンググライダーの方がスピードが出るため、鳥のように空を飛んでいるような感覚が味わえるようです。

最高速度でいうと100kmを上回ることもあります。
しかし、パラシュートと違って運搬が大変なので手軽さでいえばパラグライダーなのですが、スピード感や爽快感を味わいたい人にとってはハンググライダーの方が人気があるようです。

以上がパラグライダーの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(7月31日)
パラグライダー記念日
蓄音機の日
こだまの日

■明日は何の日?(8月1日)
水の日
洗濯機の日
パインの日

■昨日は何の日?(7月30日)
プロレス記念日
梅干の日

スポンサーリンク



フォローする