9月13日は世界の法の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

世界の法の日今日は何の日
9月13日の「今日は何の日?」は「世界の法の日」です。

スポンサーリンク



9月13日は世界の法の日

今回は「世界の法の日」について解説していきます!
なぜ9月13日が「世界の法の日」なのかというと、法の支配を国際社会で確立することによって世界の平和を実現しようと考えたことが由来となっています。

「世界の法の日」が初めて提唱されたのは東京で開催された「法による世界平和に関するアジア会議」でのことでした。
その2年後の1963年にアテネで開催された法による世界平和第1回世界会議」で「世界の法の日」は可決されることとなりました。

そしてさらにその2年後である1963年9月13日から9月20日までにワシントンで開催された「法による世界平和第2回世界会議」において、9月13日を「世界の法の日」とすることが宣言されました。
その当時の国際社会は「国益による支配」が優先されるような風潮になっていたため、これを危惧した各国によって「世界の法の日」が制定されることとなりました。

「世界の法の日」が制定されてからは「国際間に法の支配を徹底させることで世界平和を確立する」という趣旨のもと、世界各国が法の支配をもとに協力をしていくように呼びかけが行われています。
ちなみに日本では「世界の法の日」とは別に1960年から10月1日を「法の日」として制定しています。

日本にも様々な法律が存在していますが、その法律によって個人の権利などが守られているという事もありますし、やはり法律というものは必要不可欠なものであることがわかりますよね。

スポンサーリンク



法律の雑学

今回は「世界の法の日」にちなんで「法律の雑学」を紹介します。

イギリスにある面白い法律

イギリスには面白い法律がいくつか存在しているため紹介します。
実はイギリスでは14歳以上の男性は毎日2時間のロングボウの練習をしなければならず、これを怠ると違法となってしまうそうです。

ロングボウは中世のイングランドで使われていた射程距離が500メートルほどある長い弓のことです。
また、女王や国王のいる100ヤード以内の距離で靴下を履いていないと違法になるという法律も存在しています。

これも中世のイングランドで定められた法律となっています。
また下院議員が甲冑を身につけて国会議事堂に入ると違法になるなど、イギリスには謎な法律がたくさんあります。

これはほとんどが中世のころに定められたものであり、それがいまだに廃止されずに残っているためであって、イギリスへ旅行へ行って上記の法律を守らなかったからといって逮捕されることはありませんので安心してください。

隣の家から自分の敷地内に伸びた果物は食べても良い?

庭付きの一軒家などで、よく野菜や果物を育てているのを目にしますよね。
しかし、隣の家で育てているのものが伸びてきて、自分の敷地内まで侵入してきてしまうこともあります。

その時、自分の敷地内に入ってきた果物などは勝手に収穫して食べてしまっても良いのでしょうか。
敷地をまたいでしまうと、同じ木からなっていたとしてもその部分から所有者は変わったりするのでしょうか。

民法第233条によると、「隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝を切除させることができる」とのことです。
なので、自分の敷地だからと言って自分の物になる訳ではなく、勝手に収穫してしまうことはダメなんですね。

枝は所有者に切ってもらえると分かりましたが、根の方はどうでしょう。
隣の家との境界線に何か作ろうとしても、根があると邪魔になってしまうこともあります。

これも同じ民法233条により定められており、「隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる」とのことです。
枝はダメですが、根は切っても大丈夫なんですね。

しかし根を切ってしまうという事は隣の人がせっかく育てたものを枯らしてしまうことに繋がりかねません。
「民法で定められているから」というだけでなく、隣の人にしっかり相談と説明をしてからにした方が良さそうですね。

以上が法律の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(9月13日)
世界の法の日
プログラマーの日

■明日は何の日?(9月14日)
メンズバレンタインデー

■昨日は何の日?(9月12日)
宇宙の日
マラソンの日

スポンサーリンク



フォローする