マーガリンの日の由来と面白い雑学、10月24日の今日は何の日?

マーガリンの日今日は何の日
10月24日の「今日は何の日?」は「マーガリンの日」です。
また「マーガリンの日」にちなんで「マーガリンとバターの違いとは?」「マーガリンは食べすぎると危険」などマーガリンにまつわる面白い雑学を紹介します。

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

10月24日はマーガリンの日

今回は「マーガリンの日」について解説していきます!
なぜ10月24日が「マーガリンの日」なのかというと、1817年10月24日がマーガリンの生みの親であるメージュ・ムーリエ・イポリットの誕生であったことが由来となっています。

「マーガリンの日」については「日本マーガリン工業会」によって制定された記念日となっています。
「日本マーガリン工業会」はマーガリンなどの食用加工油脂を製造・販売する会社によって構成されているそうです。

この記念日は「マーガリンのソフトな風味や舌触りの良さ、美味しさをより多くの人に伝える」ということが目的の記念日となっています。
マーガリンは元々はバターが高価であったことから、バターの代替品として作られたのが始まりでした。

日本でマーガリンが登場したばかり頃は「人造バター」と呼ばれていた時期もあったそうです。
マーガリンは食べすぎると身体に良くないことは確かですが、これからもバターが高い時の代替品として活躍してくれそうですよね。

スポンサーリンク

マーガリンの雑学

マーガリンの日今日は何の日
今回は「マーガリンの日」にちなんで「マーガリンとバターの違いとは?」「マーガリンは食べすぎると危険」などマーガリンにまつわる面白い雑学を紹介します。

マーガリンとバターの違いとは?

マーガリンとバターは似たような食品ですが、それぞれの違いについてご存じですか?
どちらも日本の食生活には欠かせないものですが、なかなか説明できないんですよね。

バターとマーガリンの大きな違いは「動物性脂肪で作られているか」「植物性脂肪で作られているか」の違いにあります。
実は明確にバターとマーガリンを分ける基準が存在しています

・バター・・・80%以上が動物性脂肪(牛乳)
・マーガリン・・・80%以上が植物性脂肪(ごま油やオリーブオイル)

このように、見た目や用途が似ていても、バターとマーガリンでは原材料が全く異なっているのです。

スポンサーリンク

マーガリンは食べすぎると危険

実はマーガリンは食べすぎると危険だとされていて、健康被害まで報告されているのです。
マーガリンには「トランス脂肪酸」というものが含まれていて、WHOからトランス脂肪酸を摂りすぎないように警告がされています。

トランス脂肪酸を摂取すると心筋梗塞などが発祥するリスクが高まるとされており、トランス脂肪酸は摂取エネルギーの1%未満に抑える必要があるそうです。
日本では特に規制なくトランス脂肪酸の含まれるマーガリンのような食材が出回っていますが、一部ではトランス脂肪酸の含有量によって規制をかけている国もあります。

なぜここまで日本では問題視されないのかというと、日本人の食生活ではトランス脂肪酸を摂取する機会があまりないためであり、普通に生活をしていれば0.3%程度に収まっているからのようです。
しかし、当然ですが普段からマーガリンを食べすぎると、トランス脂肪酸の摂りすぎになってしまいますので、普段から注意が必要です。

以上がマーガリンの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(10月24日)
国連デー
文鳥の日
マーガリンの日
削り節の日

■明日は何の日?(10月25日)
世界パスタデー
民間航空記念日
リクエストの日
歯茎の日
プリンの日

■昨日は何の日?(10月23日)
霜降
電信電話記念日
津軽弁の日
じゃがりこの日
不眠の日
乳酸菌の日