11月29日はいい肉の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

いい肉の日今日は何の日
11月29日の「今日は何の日?」は「いい肉の日」です。

スポンサーリンク



11月29日はいい肉の日

今回は「いい肉の日」について解説していきます!
なぜ11月29日が「いい肉の日」なのかというと、11月29日という日付が「いい(11)にく(29)」という語呂合わせであることが由来となっています。

「いい肉の日」については宮崎県の良き宮崎牛対策協議会によって制定された記念日となります。
良き宮崎牛対策協議会によるとこの日を「味と品質の良さで知られる宮崎牛をアピールする」という事を目的とした記念日としています。

もともと29日については「29(にく)」の語呂合わせであることから、お肉を取り扱う店舗でキャンペーンやサービスが行われる日付となっています。
しかし、11月29日は「いい肉の日」であることからより多くのお肉に関するキャンペーンやサービスが実施されます。

もともとは魚や野菜を中心とした食生活をしていた日本人ですが、明治維新以降は西洋の食文化が日本にも入ってくるようになり、一気に食生活が変化しました。
その中でも肉を食べるようになったことは日本人にとって大きな変化であり、江戸時代までは痩せて身体の小さい人が多かったものの、肉を食べるようになった明治時代以降には日本人の身体は大きくなっていったそうです。

人間の身体を構成するのにも欠かせないお肉なので、「いい肉の日」にはぜひ美味しい肉を買って食べてみてくださいね。

スポンサーリンク



肉の雑学

今回は「いい肉の日」にちなんで「肉の雑学」を紹介します。

焼き鳥は串からはずさない方が美味しい

居酒屋で焼き鳥を注文した時に、気を利かせて焼き鳥の肉を串からはずす人っていますよね。
しかし、焼き鳥の本来の美味しさを味わうためには、串に刺さった状態で食べる方が良いのです。

その一番の理由は鶏の旨みが凝縮された肉汁が穴から漏れ出てしまうからなんですね。
せっかく旨みを閉じ込めるように外をカリッと焼いているのですから、肉汁が外に出てしまうのはもったいないですよね。

また、お腹がすいているときに味が薄いよりも濃くしておいた方が食べ応えを感じられることから、一口目の味を濃くするような工夫をしているお店もあるようです。
一口目が美味しくなるようになる工夫としてもう一つ、一口目だけをあえて大きくしているお店もあります。

焼き鳥屋はいかにその一本を美味しく味わってもらうために工夫をしていて、串に肉を通す作業だけでも2~3時間をかけている店舗もあるため、串から肉をはずされるとガッカリしてしまうそうです。

肉の焼き方は10段階ある

皆さんは肉の焼き方に好みの加減はありますか?
大きく分ければ肉の焼き方は「レア」「ミディアム」「ウェルダン」などに分けられますが、実は細かく焼き加減を分けていくとなんと10段階にもなるそうです。

10段階の焼き加減の定義は以下のように決められているそうです。

ロー・・・全く焼いていない生
ブルー・・・数秒間だけ焼く
ブルーレア・・・数十秒焼く
レア・・・余熱で55度~66度になるまで焼く
ミディアムレア・・・中に赤みがあり、切ると少し血がにじむ程度
ミディアム・・・肉の中心がうっすらと赤いぐらい
ミディアムウェル・・・ミディアムとウェルの間
ウェル・・・完全に火が通ったぐらい
ウェルダン・・・切っても肉汁がほぼ出ない
ベリーウェルダン・・・切っても肉汁が全く出ない

このように焼き加減によって色々な名称があるんですね。
以上が肉の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(11月29日)
いい肉の日
いい服の日

■明日は何の日?(11月30日)
本みりんの日
絵本の日

■昨日は何の日?(11月28日)
税関記念日
太平洋記念日

スポンサーリンク



フォローする