12月1日は手帳の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

手帳の日今日は何の日
12月1日の「今日は何の日?」は「手帳の日」です。

スポンサーリンク



12月1日は手帳の日

今回は「手帳の日」について解説していきます!
なぜ12月1日が「手帳の日」なのかというと、この時期が翌年分の新しい手帳を準備する時期であることが由来となっています。

「手帳の日」については「能率手帳」を発刊している日本能率協会マネジメントセンターによって制定された記念日となります。
この日には書店や文房具店などの手帳売り場でキャンペーンなどが開催されているそうです。

最近はスマートフォンやパソコンなどでスケジュール管理をすることが当たり前の時代となりましたよね。
しかし、毎年お気に入りの手帳を買うのが楽しみとなっている人や、ビジネスマンとしては手帳を持っているのが当たり前だという人もいて、アナログな手帳にも根強い人気があります。

また、仕事中などのスマホを使えないような環境では、スケジュール管理をするために手帳がかなり重宝しますよね。
自分で手帳に毎日色々なスケジュールを手書きしたり、また日記のようなものを書いてみたり、それを一年が終わったあとに見返してみるというのも楽しみの一つとなっています。

なんでもデジタル化している今の世界では貴重なアナログの文化の一つとなりますし、色々な場面で便利なものなので「手帳の日」にはぜひ手帳を買ってみてくださいね。

スポンサーリンク



文房具の雑学

今回は「手帳の日」にちなんで「文房具の雑学」を紹介します。

ホッチキスの名前の由来

複数枚の書類をまとめて資料にする時などにホッチキスは欠かせない文房具ですよね。
最近ではプリンターが自動的にホッチキス止めをしてくれる機能がついていることが当たり前となってきたため、人によっては自分でホッチキスを使ってないという人も出始めているんじゃないでしょうか。

そんな「ホッチキス」についての雑学ですが、実は「ホッチキス」という言葉は日本だけで使われているものであり、海外では通じないという事を知っていましたか?
ホッチキスは英語では「ステープラー(staplar)」と呼ばれているため、海外で「ホッチキス」といってもまず伝わらないのです。

なぜ日本だけ「ホッチキス」という独特な呼び方をしていたのかというと、日本に「ホッチキス」が輸入された明治時代へと遡る必要があります。
当時、ホッチキスはイトーキ(当時の伊藤喜商店)がアメリカから輸入していたのですが、その時に輸入されたホッチキスが「「E.Hホッチキス社」製のものだったからなんです。

三角定規に穴が空いている理由

学生の頃によく使っていた三角定規を少し思い出してみて下さい。
真ん中に穴が空いていて、そこに指を通してくるくる回して遊んでいた人も多いのではないでしょうか。

もちろんあの穴は指を入れて遊ぶ為にあるのではありません。
三角定規には穴を空けなければならない理由がきちんとあるのです。

もし穴が空いていなかったら、三角定規を紙に乗せた時に動かしにくいですよね。
穴を空けることにより定規と紙が接する面積が減り摩擦少なくなる為、三角定規もスムーズに動かすことができます。

また、三角定規はプラスチックで出来ている為、温度によっ伸縮してしまうことがあります。
それを穴を空けることによって、伸縮を調整しているのです。

正確さが問われる定規だからこそ、このような対策がしっかりと成されているのですね。
以上が文房具の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月1日)
世界エイズデー
映画の日
手帳の日
カイロの日

■明日は何の日?(12月2日)
日本人宇宙飛行記念日

■昨日は何の日?(11月30日)
本みりんの日
絵本の日

スポンサーリンク



フォローする