12月5日は国際ボランティアデー、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

国際ボランティアデー今日は何の日
12月5日の「今日は何の日?」は「国際ボランティアデー」です。

スポンサーリンク



12月5日は国際ボランティアデー

今回は「国際ボランティアデー」について解説していきます!
「国際ボランティアデー」については国際連合によって1985(昭和60)年に制定された記念日となります。

国際連合によって制定されたものであることから、日本だけで実施されている記念日ではなく世界で実施されている国際デーの一つとなっています。
国際連合によるとこの日を「世界中の経済と社会開発の推進のため、ボランティア活動の貢献に対する認識を高め、社会のあらゆる層からより多くの人々が、国内外においてボランティア活動に参加できる機運を高める」ということを目的とした記念日としています。

日本は寄付やボランティアに対する意識が高いとされていて、毎年多額のお金が寄付されていたり、青年海外協力隊によるとボランティア活動が海外で行われています。
2017年現在でいうと、東日本大震災や熊本地震が発生した時も有志でボランティアや寄付をする人は多く、逆にたくさんのボランティアが現地に駆け付けることによって収集がつかなくなるなどの事態も起きました。

現地の人に迷惑をかけないようにボランティアをする事は大切ですが、それほど他の人を思いやってボランティア活動をする意識の高さについては、同じ日本人として誇り高く思いますよね。

スポンサーリンク



ボランティアの雑学

今回は「国際ボランティアデー」にちなんで「ボランティアの雑学」を紹介します。

とあるボランティア団体ではお互いをライオンと呼ぶ

世界には色々なボランティア団体が存在していますが、その中でも日本に少し不思議なボランティア団体があるのはご存じですか?
社会奉仕団体である「ライオンズクラブ国際協会」では、メンバー間の名前を呼び合う時には苗字の前後に「ライオン」をつけて呼び合っているそうなんです。

ライオンズクラブのメンバーの名前には「L.鈴木」「L.山田」など「L.」が付けられていて、これはライオンが省略されたものなんです。
そのため、相手の名前を呼ぶ時には「山田ライオン」という呼び方をして、自分が名乗る場合には「ライオン鈴木」と名乗るのです。

ボランティア活動が終わった後には全員で円陣を組んで、ライオンのように咆哮を上げる儀式が行われることもあるそうで、少し不思議な団体ですよね。
なぜこのような風習があるのかはわかりませんが、ボランティア活動をして社会に貢献しているのですから、とてもいい人たちだということはわかりますよね。

ボランティアの語源

ボランティアという言葉にも語源が存在していて、現在では「奉仕活動」という意味で使われていますが、もともとは「志願兵」という意味で使われていた言葉なのです。
ボランティアという言葉が使われるようになったのは、十字軍などの騎士団が活躍していた時代のことでした。

十字軍のような騎士団に自らの意思で志願して兵隊となった人のことを「ボランティア」と呼んでいたことから、自らの意思で奉仕活動に参加することを「ボランティア」と呼ぶようになったのです。
この「ボランティア」という言葉自体の語源はラテン語の「ボランタス」だとされていて、「ボランタス」には「志願」や「意思」という意味があるそうです。

現在でも米軍などで志願兵のことを「ボランティア」と呼ぶことがあるそうです。
以上がボランティアの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月5日)
国際ボランティアデー

■明日は何の日?(12月6日)
姉の日
音の日
シンフォニー記念日

■昨日は何の日?(12月4日)
血清療法の日
E.T.の日

スポンサーリンク



フォローする