12月21日はクロスワードパズルの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

クロスワードパズルの日今日は何の日
12月21日の「今日は何の日?」は「クロスワードパズルの日」です。

スポンサーリンク



12月21日はクロスワードパズルの日

今回は「クロスワードパズルの日」について解説していきます!
なぜ12月21日が「クロスワードパズルの日」なのかというと、1913年12月21日に「ニューヨーク・ワールド」紙が日曜版の娯楽のページにクロスワードパズルを掲載したことが由来となっています。

このクロスワードパズルを考案した人物はイギリス生まれである記者のアーサー・ウィンという人物だったとされています。
クロスワードパズルの歴史は意外と古く100年以上前から存在していたんですね。

実は初めてクロスワードパズルが発表されたことには違う名前で発表されており「ワードクロスパズル」となっていたそうですが、これが後に「クロスワードパズル」と改称されることになりました。
「ニューヨークワールド」紙にクロスワードパズルが掲載された事をきっかけとして、「ボストン・グローブ」紙など他の新聞にも掲載されるようになり、一気に「クロスワードパズル」の認知度が上がっていきました。

そして、1924年には世界初のクロスワードパズルの専門誌が出版されたことから、当時から人気のあるパズルだったということがわかりますよね。
しかし、一説によるとクロスワードパズルというものが新聞に掲載されて普及される以前から、実は似たようなパズルゲームが世界に存在していたとされています。

スポンサーリンク



クロスワードパズルの雑学

今回は「クロスワードパズルの日」にちなんで「クロスワードパズルの雑学」を紹介します。

世界最大のクロスワードパズル

クロスワードパズルにはすぐに解くことの出来る簡単なものもありますし、ワードが多くなって解くのにかなり時間のかかる難易度の高いものまでありますよね。
世界に存在するクロスワードパズルの中でも、最も大きくて難易度の高いクロスワードパズルはいったいどれぐらいの大きさになるのでしょうか。

世界に存在しているクロスワードパズルの中でも最大のものは「メガクロス」だとされていて、その大きさはなんと縦横が129×1899マスという大きさになっているんです。
そして広げてみるとその長さは全長13メートルにもなるそうで、一般家庭で開いて遊べるサイズのものではないそうです。

収録単語数は6万6666語となっていて、生きている間に解ききることができるのかどうか心配になるボリュームです。
その価格は税抜きで25万円となっていますが、挑戦してみたいという方はぜひ買ってみてくださいね。

クロスワードパズルにはルールが存在する

実はクロスワードパズルには作成時のルールが設定されているって知っていましたか?
必ず守らなければならないという厳格なルールではないようですが、基本的にはこのルール通りにパズルを作っていくそうです。

そんな基本的なルールをいくつか紹介します。

・一般的にに知られているような名詞を使わなければいけない
・同じパズル内に同じ単語が複数あってはならない
・黒マスによって白マスの領域が2つ以上分断されてはならない
・黒マスは縦または横に連続しないほうがよい
・二重解を防止するために、二文字の単語は両方を他の単語に絡ませる

他にも細かなルールは存在しますが、このルールを守って作ればクロスワードパズルとして成り立つものが作れるようになっています。
以上がクロスワードパズルの雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月21日)
クロスワードパズルの日
遠距離恋愛の日

■明日は何の日?(12月22日)
冬至
労働組合法制定記念日

■昨日は何の日?(12月20日)
デパート開業の日
シーラカンスの日
ブリの日

スポンサーリンク



フォローする