2017年12月22日は冬至、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

冬至今日は何の日
12月22日の「今日は何の日?」は「冬至」です。

スポンサーリンク



12月22日は冬至

今回は「冬至」について解説していきます!
冬至」とは「とうじ」と読み、二十四節気の一つとなります。

「二十四節気」という言葉についてはあまり耳馴染みのあるものではなく、おそらく聞いた事がないという人も多いのではないでしょうか。
しかし、日本人の生活には密接に関係しているものであって、よく見ているとニュースや天気予報などで取り上げられているんですよね。

日本には春夏秋冬があってその季節の移り変わりなどに風情を感じていますが、実は春夏秋冬などの「四季」以外にも季節の移り変わりを表す言葉はたくさんあるのです。
その季節の移り変わりをより細かくわかりやすくしたものが「二十四節気」であり、「四季」が一年間を四つに分けるものだとすると、「二十四節気」は一年間を二十四に分けたものになるのです。

「二十四節気」以外にも季節を表す言葉として、更に一年間を細かく分けた「七十二候」や「雑節」「五節句」といった暦が存在しています。
「冬至」以外にも有名な二十四節気はいくつかあって、「春分」「秋分」「夏至」といったものはよく耳にするのではないでしょうか。

「冬至」については一年の間で最も昼が短くなり、夜が最も長くなる日となっていて、「暦便覧」によるとこの日を「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」としています。
日本では風邪の予防にもよく長生きできるとされていることから、冬至にはかぼちゃを食べる風習があります。

スポンサーリンク



冬の雑学

今回は「冬至」にちなんで「冬の雑学」を紹介します。

実は冬はダイエットに向いている

基本的には夏場の方が外の気温も高く、さらにたくさんの汗をかけることからダイエットは夏の方が向いていると思われがちですよね。
確かに汗をかくことはダイエットで大事なことですが、実は冬場の方がダイエットに適した季節であることは知っていましたか?

なぜ冬の方がダイエットに向いているのかというと、気温が低く寒くなることから身体が無意識に体温を上げようとして基礎代謝が上がっているのです。
基礎代謝が上がっているということは脂肪が燃焼されやすくなっているため、冬の方がダイエットに適しているということが言えます。

しかし、夏場の方がたくさん汗をかいて運動後には体重が落ちていることが多いのは気になりますよね。
ダイエットとは身体の水分を出すことではなく、脂肪を燃焼させることのため、実は体重が減っていなくても冬の方が脂肪をたくさん燃やせるため、ダイエットに効果的なんです。

逆についつい美味しいものを食べる季節であることから太りやすい時期でもあるため注意が必要です。

こたつの赤色は演出

冬に欠かせないアイテムといえば「こたつ」という人も多いのではないでしょうか。
あのこたつの赤色の光はなんとも暖かさを感じさせてくれる色をしていますよね。

しかし、ご存じのとおりこたつは遠赤外線によって暖まる機器であり、人間の目では遠赤外線を目視することは出来ません。
つまり、あの赤い色は暖かくみせるための演出であって、別にあの赤い色がなくても暖かいのには変わりないんですね。

こたつが発売された当初には遠赤外線というもの自体があまり知られていなかったため、本当に暖まるかどうかもわからずにこたつの売り上げはあまり良くなかったのです。
そこで、暖かく見せる工夫として赤色のライトで照らすようにしたところ、売り上げが一気に伸びたのでした。

以上が冬の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

■今日は何の日?(12月22日)
冬至
労働組合法制定記念日

■明日は何の日?(12月23日)
天皇誕生日
東京タワー完成の日

■昨日は何の日?(12月21日)
クロスワードパズルの日
遠距離恋愛の日

スポンサーリンク



フォローする