まくらの日の由来と面白い雑学、1月6日の今日は何の日?

1月6日の「今日は何の日?」は「まくらの日」です。
また「まくらの日」にちなんで「北枕が避けられている理由」「ホテルのベッドにまくらが2つある理由」などまくらにまつわる面白い雑学を紹介します。


1月6日はまくらの日

今回は「まくらの日」について解説していきます!
なぜ1月6日が「まくらの日」なのかというと、1という数字がピンに見えることから「ピ」、6を「ロー」と読む語呂合わせが由来となっています。

「まくらの日」については千葉県柏市に本社を置く「まくら株式会社」によって制定された記念日となります。
まくら株式会社では、枕を中心としたさまざまな寝具をインターネットを通じて販売しています。

人間の一生のうちの3分の1は睡眠であることから、人間にとって寝具はかなり重要なアイテムですよね。
毎日使う寝具である枕に日ごろの感謝を込めて、その大切さを見直すのが「まくらの日」の目的となっています。

もしも慢性的な肩こりを抱えている場合は、枕の高さや硬さが自分に合っていない可能性があります。
また、枕があっていない症状として頭痛が起こることもありますので、毎日使う枕については必ず自分の身体に合うものを選んでくださいね。


まくらの雑学

今回は「まくらの日」にちなんで「北枕が避けられている理由」「ホテルのベッドにまくらが2つある理由」などまくらにまつわる面白い雑学を紹介します。

北枕が避けられている理由

一般的に北枕は縁起が悪いといわれていて、昔から忌み嫌われていますよね。
なぜ北枕の縁起が悪いとされているのかというと、お釈迦様が亡くなった時に北枕だったとされているからなんですね。

お釈迦様が北枕で亡くなったことをきっかけにして、仏教徒は人が亡くなると北枕で寝かせるようになりました。
亡くなった人を北枕で寝かせることによって、お釈迦様がいる極楽浄土へと送ってあげようとしていたんですね。

そのため、インドでは北枕は極楽浄土に行ける良いものと考えられているそうです。
しかし、日本では北枕は亡くなった人のする寝方ということで広まり、死を連想させることから縁起の悪いものと考えられるようになったのです。


ホテルのベッドにまくらが2つある理由

一人でホテルに宿泊し、ベッドもシングルなのにまくらが2つ置かれていたことはありませんか?
多くのビジネスホテルでは、ベッドがシングルだとしても敢えてまくらは2つ用意するようにしているそうです。

まくらが変わると寝つきが悪くなってしまう人って結構いますよね。
例えば、普段からまくらが高くないと眠れない人は、2つのまくらを重ねてまくらを高くすることが出来ます。

また、寝返りを多く打つ人にとってはまくらに横幅が欲しいことから、2つのまくらを横に並べて使うことが出来ますよね。
つまり、ホテル側はお客様が快適に眠ることができるように、シングルベッドだったとしてもまくらを2つ用意しているのです。

以上がまくらの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と10...

■今日は何の日?(1月6日)
小寒
ケーキの日
色の日
まくらの日
メロンの日
手巻きロールケーキの日

■明日は何の日?(1月7日)
松納め
七草粥の日
爪切りの日
千円札の日
生パスタの日

■昨日は何の日?(1月5日)
囲碁の日
シンデレラの日
遺言の日
チーズケーキの日