ひものの日の由来と面白い雑学、1月10日の今日は何の日?

ひものの日今日は何の日
1月10日の「今日は何の日?」は「ひものの日」です。
また「ひものの日」にちなんで「ホッケの干物の背骨はわざと残している」「魚を干すと美味しくなる理由」など干物にまつわる面白い雑学を紹介します。


1月10日はひものの日

今回は「ひものの日」について解説していきます!
なぜ1月10日が「ひものの日」なのかというと、干物の「干」という漢字を分解すると「一」と「十」になることが由来となっています。

「ひものの日」については愛知県名古屋市に本社を置いている株式会社太助によって制定された記念日となります。
株式会社太助ではひものの専門店である「塩干の太助」の運営を行っているそうです。

「ひものの日」を制定することによって、日本の伝統食品である干物をよりたくさんの人に普及し、食べてもらうことが目的となっています。
干物の歴史はとても古く、縄文時代から作られており、貝の干物を大量に作っていた痕跡が遺跡から発掘されています。

そして、奈良時代の頃になると、献上品や税として宮廷へと納められていたという記録も残っています。
江戸時代には庶民的なものになってきましたが、傷みやすい魚はすぐに消費されてしまうため、手間をかけて作られる干物はまだまだ贅沢品だったそうです。


干物の雑学

ひものの日今日は何の日
今回は「ひものの日」にちなんで「ホッケの干物の背骨はわざと残している」「魚を干すと美味しくなる理由」など干物にまつわる面白い雑学を紹介します。

ホッケの干物の背骨はわざと残している

ホッケの干物は現在では美味しくて人気メニューとなっていますが、実は少し昔まではまずい魚だとされていました。
鮮度落ちが他の魚と比べても早く、現在ほど保存技術が優れていなかったこともあわせて、独特の臭いがあったからなんです。

しかし、そんなホッケに一つの工夫を加えることにより、ホッケは美味しい魚として生まれ変わることになります。
その一つの工夫とは「ホッケの干物の背骨をあえて残す」というものです。

ホッケを切り分ける際に、わざと両方の切り身に背骨を残すことにより、ホッケに旨味を凝縮させているんですね。
背骨やあばら骨の間にある膜はフタのような役割を果たしていることから、旨味が出ていくことを防いでいるのです。


魚を干すと美味しくなる理由

魚は干物にすることによってグンと美味しくなりますよね。
干しただけなのになぜ美味しくなるのかというと、干されることによって水分量が減り、うまみ成分が凝縮されるからなんです。

そして、タンパク質の分解酵素が働くため、うまみ成分であるアミノ酸が干される前よりも増えているのです。
また、干物を作る際には塩水に漬けて下処理をするため、魚に含まれるうまみ成分が残りやすくなります。

干物といっても製造方法はいくつかありますが、その中でも天日干しされたものは表面に膜が張られ、この膜にもうまみ成分が凝縮されます。
焼き魚にした時も干物の方が最終的な水分量も多くなり、ジューシーになることも理由の一つで、干物にすることで美味しくなる理由は多々あるのです。

以上が干物の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と10...

■今日は何の日?(1月10日)
明太子の日
110番の日
ひものの日
イカの日
コッペパンの日

■明日は何の日?(1月11日)
鏡開き
塩の日
マカロニサラダの日
麺の日
おかあちゃん同盟の日

■昨日は何の日?(1月9日)
風邪の日
とんちの日
ブルーマウンテンコーヒーの日
クジラの日
パソコン検定の日