スイートピーの日の由来と面白い雑学、1月21日の今日は何の日?

1月21日の「今日は何の日?」は「スイートピーの日」です。
また「スイートピーの日」にちなんで「ギネス公認の世界一大きな花」「実は竹も花を咲かせる」など花にまつわる面白い雑学を紹介します。


1月21日はスイートピーの日

今回は「スイートピーの日」について解説していきます!
なぜ1月21日が「スイートピーの日」なのかというと、スイートピーの花弁が左右対称であり、3種類の花びら(旗弁、翼弁、舟弁)がそれぞれ1枚、2枚、1枚あることが由来となっています。

また、一年で最も香りが豊かで美しくスイートピーが輝く時期であることも、スイートピーの日の由来の一つとなっています。
「スイートピーの日」については「日本スイートピーの会」によって制定された記念日となります。

「日本スイートピーの会」は全国の花の生産者、生花店、園芸店などで構成され、スイートピーの生産振興・普及促進する活動を行っています。
この記念日の制定もスイートピーの普及活動の一つで、女性に好まれる「春の花」の代名詞のスイートピーをよりたくさんの人に楽しんでもらうことが目的となっています。

1月には愛知県、岡山県、大分県、宮崎県などの4県を中心として、出荷の最盛期を迎えるそうなので、ぜひスイートピーの香りを楽しんでみてくださいね。
ちなみに、松田聖子さんの代表曲である「赤いスイートピー」がリリースされたのも1月21日だったそうです。


花の雑学

今回は「スイートピーの日」にちなんで「ギネス公認の世界一大きな花」「実は竹も花を咲かせる」など花にまつわる面白い雑学を紹介します。

ギネス公認の世界一大きな花

地球上で最も大きな花といえば「ラフレシア」を思い浮かべる人が多いかもしれません。
しかし、ギネスブックによると、実はラフレシアよりも大きな花がこの地球上に存在しているようです。

世界で最も大きな花は「ショクダイオオコンニャク」と呼ばれる花であり、スマトラ島に自生しているそうです。
花を咲かせるのは7年に1度か2度しかないそうですが、なんあとその花のサイズは1.5メートルもあるのです。

そして、花の高さは3メートル以上にもなり、花と呼ぶにはあまりにも大きすぎることがわかります。
ショクダイオオコンニャクは花を咲かせると腐臭を放つことにより甲虫を集め、甲虫を利用して受粉を行うそうです。


実は竹も花を咲かせる

竹といえばうっそうと生い茂っており、あまり花を咲かせているイメージがないですよね。
しかし、実は竹も花を咲かせるそうで、花を見かけたことがあるという方はとても貴重な体験をしているのです。

竹が花を咲かせるのは100年から120年に一度しかなく、寿命が尽きる時に花を咲かせます。
花を咲かせた竹は寿命が尽きてしまうことから、次々に枯死を始めます。

竹は1本1本が個別に生えているわけではなく、地中ですべて一つに繋がっていることから、竹が枯れ始めると竹林が一気になくなってしまうのです。
竹林に生えている竹が次々に枯れていく様子は異様な光景に見えることから、昔の人は不吉なことが起こる前触れと考えていたそうです。

以上が花の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(1月21日)
料理番組の日
ライバルが手を結ぶ日
スイートピーの日
漬物の日
myDIYの日

■明日は何の日?(1月22日)
カレーの日
飛行船の日
ジャズの日
黙阿弥忌
ショートケーキの日
禁煙の日
カニカマの日

■昨日は何の日?(1月20日)
大寒
玉の輿の日
二十日正月
トゥー・チェロズの日
ワインの日
発芽野菜の日