法律扶助の日の由来と面白い雑学、1月24日の今日は何の日?

1月24日の「今日は何の日?」は「法律扶助の日」です。
また「法律扶助の日」にちなんで「イギリスにある面白い法律」「アメリカで行われたトンデモ裁判」など法律にまつわる面白い雑学を紹介します。


1月24日は法律扶助の日

今回は「法律扶助の日」について解説していきます!
なぜ1月24日が「法律扶助の日」なのかというと、1952年1月24日に財団法人法律扶助協会が設立されたことが由来となっています。

法律扶助と聞いても耳馴染みがなく、あまりピンとこないという人も多いのではないでしょうか?
法律扶助とは、経済的理由から民事裁判を受けることが出来ない人のための制度であり、そのような人のために費用を立て替えることが出来るのです。

その業務を担っているのが財団法人法律扶助協会であり、日本弁護士連合会によって設立されたんですね。
大学や弁護士会、市などで無料法律相談所を設けているのも法律扶助に属しています。

経済力がないという理由から、民事訴訟も起こせずに泣き寝入りするというのはとても精神的につらいことですよね。
勝訴の見込みがあるの金銭面で民事訴訟を起こすことをためらっているという方がいましたら、ぜひ法律扶助の制度を利用してみてはいかがでしょうか。


法律の雑学

今回は「法律扶助の日」にちなんで「イギリスにある面白い法律」「アメリカで行われたトンデモ裁判」など法律にまつわる面白い雑学を紹介します。

イギリスにある面白い法律

実はイギリスには現代では考えられないような面白い法律がたくさん存在しています。
ほとんどの人が知らず知らずのうちに法律違反をしてしまいますが、例えば12月25日にミンス・パイを食べることは法律で禁じられているそうです。

ミンス・パイはイギリスの伝統料理であることから、日本人に正月におせち料理を食べるなと言っているような法律なんですよね。
また、ほかにも14歳以上の男性は毎日2時間ロングボウの練習をしなければならないという法律も存在しています。

なぜこのような法律があるのかというと、イギリスの法律は秘伝のタレのように継ぎ足して作られてきたため、中世などに作られた古い法律がそのまま残されているからなんですね。
もちろんですが、イギリスに旅行へ行った際にこれらの法律に違反したからといって逮捕されることはありませんので、安心してください。


アメリカで行われたトンデモ裁判

アメリカは「裁判の国」と呼ばれるぐらい訴訟文化のある国であり、日本では考えられないような裁判が行われています。
例えば1991年にリチャード・オーバートン氏がビール会社であるアンハイザー・ブッシュ社を訴えた裁判は日本ではまずありえないものです。

その内容が「ビールのCMを見てビールを買って飲んだのに、CMで起きたことが現実にならない」というもの。
ビールのCMはビールを飲むと周りが南国になり、きれいな女の子に囲まれるという内容だったのが、これを虚偽広告だとして訴えたのです。

慰謝料として1万ドルを要求する訴訟だったそうですが、もちろん裁判所はこの訴訟を棄却したそうです。
仮に日本だとしたら鼻で笑われてしまい、誰も相手なんかしてくれなさそうな内容ですよね。

以上が法律の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(1月24日)
ボーイスカウト創立記念日
ゴールドラッシュデー
法律扶助の日
削り節の日

■明日は何の日?(1月25日)
中華まんの日
ホットケーキの日
美容記念日
歯茎の日
プリンの日

■昨日は何の日?(1月23日)
電子メールの日
アーモンドの日
碧南人参の日
不眠の日
乳酸菌の日