長崎二十六聖人殉教の日の由来と面白い雑学、2月5日の今日は何の日?

2月5日の「今日は何の日?」は「長崎二十六聖人殉教の日」です。
また「長崎二十六聖人殉教の日」にちなんで「イエスキリストはどんな姿をしていた?」「ザビエルは日本に訪れた後どこへ向かった?」などキリスト教にまつわる面白い雑学を紹介します。


2月5日は長崎二十六聖人殉教の日

今回は「長崎二十六聖人殉教の日」について解説していきます!
なぜ2月5日が「崎二十六聖人殉教の日」なのかというと、1596年2月5日に豊臣秀吉のキリスト教弾圧によって長崎西坂で26人のキリスト教徒が処刑されたことが由来となっています。

この日に殉教したのはペトロ・バプチスタ神父ら外国人6人と三木パウロ、茨木ルドビコ神父ら日本人20人だったそうです。
殉教した26人については1862年にローマ教皇ピウス9世によって聖人に列せられています。

このようにして豊臣秀吉がキリスト教の弾圧を行った経緯については、現在でも明らかになっておらず、理由は諸説あるとされています。
当時、キリスト教は九州を中心にして広まっていき、九州の大名はポルトガルから武器や弾薬の輸入を行い、その代償として領地を与えていました。

そして、そのことにより多くの日本人が拉致されてしまい、海外へと奴隷として売り飛ばされてしまっていたとされています。
異宗教の力があまりに強くなっていき、豊臣秀吉にとっての脅威になってきたことから、キリスト教の弾圧が行われたのかもしれませんね。


キリスト教の雑学

今回は「長崎二十六聖人殉教の日」にちなんで「イエスキリストはどんな姿をしていた?」「ザビエルは日本に訪れた後どこへ向かった?」などキリスト教にまつわる面白い雑学を紹介します。

イエスキリストはどんな姿をしていた?

西洋美術などにおいてはイエス・キリストが白人に近い特徴で描かれることから、イエス・キリストは白人というイメージが強いかもしれません。
しかし「パウロの手紙」などの書物によると、イエス・キリストはユダヤ人だったということが判明しています。

そして、イエス・キリストは現在の国籍でいうところのイスラエル人であり、その見た目はアラブ人に近かったとされています。
また、絵画では長髪でひげを生やしていますが、当時の風習から考えると、イエス・キリストは短髪であり、ひげも短かったと考えられています。

当時のイスラエルはローマ帝国に支配下にあったこともあり、髭は伸ばすものではなく剃ることが一般的だったのです。
引き締まった身体で描かれるのもイエス・キリストが完全な肉体を持っているという信仰からきているものであり、実際にはもっと貧相な身体つきをしていたとも考えられています。


ザビエルは日本に訪れた後どこへ向かった?

日本に最初にキリスト教を布教したのは、イエズス会の宣教師であったフランシスコ・ザビエルだとされていますよね。
元々、ザビエルはインドへとキリスト教を布教しようとしていたのですが、インドへ訪れたあとに日本へと訪れたのです。

1549年に日本へやってきたザビエルはキリスト教の布教の基礎を作り上げ、1551年には日本を去りました。
ザビエルが来たばかりの頃の日本は異宗教に割と寛容であり、キリスト教の布教が許されたことから、わずか2年で布教の基礎を築けたんですね。

そして、日本を去った後のザビエルが目指した場所は、お隣の国である中国でした。
中国でもキリスト教を布教しようとしたザビエルでしたが、中国へ向かう途中で熱病にかかってしまい、そのまま亡くなってしまったそうです。

以上がキリスト教の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(2月5日)
笑顔の日
ふたごの日
プロ野球の日
長崎二十六聖人殉教の日
チーズケーキの日

■明日は何の日?(2月6日)
海苔の日
抹茶の日
ブログの日
メロンの日
手巻きロールケーキの日

■昨日は何の日?(2月4日)
立春
西の日
ぷよの日
妊娠の日
みたらしだんごの日