和ちょこの日の由来と面白い雑学、2月8日の今日は何の日?

2月8日の「今日は何の日?」は「和ちょこの日」です。
また「和ちょこの日」にちなんで「チョコレートには虫歯予防の効果がある」「板チョコに溝がついている理由」などチョコレートにまつわる面白い雑学を紹介します。


2月8日は和ちょこの日

今回は「和ちょこの日」について解説していきます!
なぜ2月8日が「和ちょこの日」なのかというと、旧暦1681年(延宝9年)2月8日が永谷宗円の誕生日であることが由来となっています。

永谷宗円は日本茶の生みの親として知られていて、「青製煎茶製法」を発明して日本茶の普及に大きな功績を残した人物ですね。
「和ちょこの日」については大阪府大阪市に本社を置く株式会社宇治園によって制定された記念日となります。

この記念日を制定することによって、抹茶チョコレートなどの「和ちょこ」をさらに多くの人に知ってもらうことが目的となっています。
また、和と洋を融合させた日本ならではの食文化を世界に発信することも目的の一つとなっています。

昔は和菓子と洋菓子は明確に違うものでしたが、最近では和と洋をうまく融合させたお菓子が数多く見られるようになりました。
バレンタインデーも間近ということなので、バレンタインデーの贈り物に悩んでいる人は和ちょこを贈り物にしてみるのはいかがでしょうか。


チョコレートの雑学

今回は「和ちょこの日」にちなんで「チョコレートには虫歯予防の効果がある」「板チョコに溝がついている理由」などチョコレートにまつわる面白い雑学を紹介します。

チョコレートには虫歯予防の効果がある

おそらくほとんどの人は「チョコレートを食べると虫歯になりやすくなる」と考えているはずです。
しかし、実はチョコレートには虫歯予防に効果がある成分が含まれているのです。

そもそもなぜ虫歯になってしまうのかというと、歯に残った歯垢をエサにして虫歯菌が増殖しているからなんですね。
チョコレートに含まれているカカオマスには、虫歯菌であるソブリヌス菌の働きを抑制する効果があり、他の甘いお菓子より虫歯になりにくいのです。

しかし、虫歯予防に効果があるのはあくまでカカオであることこあら、ホワイトチョコレートには虫歯予防の効果はありません。
カカオが含まれていないホワイトチョコレートは、虫歯菌の大好物であり虫歯になりやすくなることから、しっかりと歯を磨くようにしましょう。


板チョコに溝がついている理由

板チョコに溝がついていると、一口サイズに割って食べられるため便利ですよね。
しかし、あの板チョコの溝については、割って食べやすくするための溝ではないのです。

なぜ板チョコに溝があるのかというと、板チョコを製造する段階で効率よく冷やし固めるためにつけられているんですね。
物質は表面積が広ければ広いほど、冷たさなどを物質に効率よく伝えることが出来ます。

作られたばかりのチョコレートは熱によってドロドロとした液体になっていることおり、大量生産をするためにはなるべく早く冷やせた方がいいですよね。
製造効率を追求した結果、偶然にも割りやすく消費者にとってもうれしい溝となったのでした。

以上がチョコレートの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(2月8日)
針供養の日
郵便マークの日
和ちょこの日
果物の日
歯ブラシ交換デー

■明日は何の日?(2月9日)
服の日
フグの日
風の日
肉の日
漫画の日
大福の日
クジラの日
パソコン検定の日

■昨日は何の日?(2月7日)
フナの日
北方領土の日
オリンピックメモリアルデー
生パスタの日