国際南南協力デーの由来と面白い雑学、12月19日の今日は何の日?

12月19日の「今日は何の日?」は「国際南南協力デー」です。
また「国際南南協力デー」にちなんで「発展途上国の定義とは?」「発展途上国の多い地域と少ない地域」など発展途上国にまつわる雑学を紹介します。


12月19日は国際南南協力デー

今回は「国際南南協力デー」について解説していきます!
「国際南南協力デー」については国連総会で制定された日であり、日本のみならず、世界共通の記念日となっています。

1978年12月19日に行われた国連総会で「ブエノスアイレス行動計画」が承認されたことが由来となっています。
「南南協力」についてはあまり耳馴染みのない言葉かもしれませんが、「途上国相互の協力」という意味があります。

いわゆる先進国は北半球に多く存在し、発展途上国の多くは南半球に存在しています。
このことから先進国と発展途上国の経済格差の問題のことを「南北問題」と呼んでいるんですね。

こうした南北での経済格差を少しでも無くそうと考えて誕生したのが「南南協力」なのです。
南南協力は南半球にある発展途上国同士が協力して、支援をし合うことを指しています。


発展途上国の雑学

今回は「国際南南協力デー」にちなんで「発展途上国の定義とは?」「発展途上国の多い地域と少ない地域」など発展途上国にまつわる雑学を紹介します。

発展途上国の定義とは?

「発展途上国」と呼ばれる言葉は普段からよく使われていますが、その定義まで知っている人って少ないですよね。
発展途上国とは開発途上国とも呼ばれており、1980年代以降に使われるようになった言葉です。

1970年代以前は「後進国」「未開発国」という呼び方をされていました。
「発展途上国」の定義については、以下のように定義されています。

・経済協力開発機構(OECD)の開発援助委員会(DAC)が作成する「援助受取国・地域リスト」(DACリスト)第I部に記載されている国

先進国に比べると、発展途上国では人口が増える傾向にあり、労働者人口に対して充分な雇用環境を用意することが出来ず、失業者が増え貧困に苦しむことが問題視されています。


発展途上国の多い地域と少ない地域

「南南協力」について解説したとおり、発展途上国は多い地域と少ない地域があります。
そして、発展途上国の中でも特に開発が遅れている国々については「後発開発途上国」と呼ばれています。

やはり「後発開発途上国」についても多い地域と少ない地域があり、2018年現在では南半球に集中しているんですね。
アフリカには33ヶ国もの「後発開発途上国」が存在しており、アジアに国々でも9ヶ国がリスト入りしています。

逆にヨーロッパや東アジア、中央アジア、南アメリカには「後発開発途上国」が1ヶ国も存在せず、世界的に見て発展している地域と呼べるでしょう。
蛇口を捻れば水が出てきて、最低限の生活が国によって保障されている日本が、相対的に見ていかに恵まれているのかがわかりますよね。

以上が発展途上国の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(12月19日)
日本人初飛行の日
まつ育の日
国際南南協力デー
シュークリームの日
松阪牛の日

■明日は何の日?(12月20日)
デパート開業の日
シーラカンスの日
ブリの日
道路交通法施行記念日
ワインの日
発芽野菜の日

■昨日は何の日?(12月18日)
国際移民デー
国連加盟承認の日
東京駅完成記念日
ナボナの日
ホタテの日
防犯の日