カニカマの日の由来と面白い雑学、毎月22日の今日は何の日?

毎月22日の「今日は何の日?」は「カニカマの日」です。
また「カニカマの日」にちなんで「カニが泡を吹く理由とは?」「カニを茹でると赤くなる理由」などカニまつわる面白い雑学を紹介します。


毎月22日はカニカマの日

今回は「カニカマの日」について解説していきます!
なぜ毎月22日が「カニカマの日」なのかというと、かにのはさみの形状が漢字の「二二」に似ていることが由来となっています。

「カニカマの日」については、水産加工品などの製造を行っている石川県七尾市の株式会社スギヨによって制定されました。
カニカマの日を制定することによって、カニカマの美味しさをよりたくさんの人に味わってもらうことが目的となっています。

基本的に毎月の22日を「カニカマの日」としていますが、6月の22日だけはカニカマの日として制定されていないそうです。
6月22日はすでに「カニの日」が制定されているため、本物のカニへの敬意を表して6月だけを除いているんですね。

「本物のカニ」と書きましたが、カニカマについてはかまぼこの一種であり、本物のカニではありません。
色や形・触感をカニの身に似せているだけで、原材料にはスケトウダラなどの魚肉が主に使われており、カニの身は一切使われていません。


カニの雑学

今回は「カニカマの日」にちなんで「カニが泡を吹く理由とは?」「カニを茹でると赤くなる理由」などカニにまつわる面白い雑学を紹介します。

カニが泡を吹く理由とは?

カニは陸上で生活をしているときにはなぜか泡を吹いていますよね。
実はカニが陸上で泡を吹いているのは、カニの呼吸法に関係があるのです。

あまり知られていないですが、カニは魚と同じくエラ呼吸をする生き物なんですね。
そのため、水中にいる間には呼吸をすることができるのですが、陸上で生活する際には呼吸が出来なくなってしまうのです。

それでは陸上でどのように息をしているのかというと、エラの中に残っている水分を使って呼吸をしています。
陸上に長くいるとエラに残った水分も蒸発してしまうことから、カニはエラからより多くの水分を取り込もうとします。

つまり、水を取り込もうとした結果、陸上では空気も入ってきてしまうことから、水と空気が混ざり合って泡となり、口からから出てきているんですね。


カニを茹でると赤くなる理由

続いて、カニをゆでると赤くなる理由について解説していきます。
カニは茹でる前にはどちらかというと暗めの赤色をしていますが、茹でることによって真っ赤になりますよね。

これはカニに含まれる色素が反応しているからなのです。
カニの殻には「アスタキサンチン」と呼ばれる色素が含まれているのですが、茹でられる前は青黒い色をしています。

茹でられる前にカニの殻が暗めの色をしているのは、アスタキサンチンのが影響しているんですね。
そして、このアスタキサンチンと呼ばれる色素は熱に反応する色素であることから、加熱したり茹でたりすると酸化して色が赤色へと変わるのです。

ちなみに、エビについても加熱すると鮮やかな赤色になりますが、この現象もカニと同じであり、エビにもアスタキサンチンが含まれているからなんですね。
以上がカニの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と10...