このエントリーをはてなブックマークに追加

ミーハーの意味と語源、実は英語じゃないんです!

この雑学では、ミーハーという言葉の意味と語源について解説します。
ミーハー意味語源

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

ミーハーの語源として有力な説は?
A.とある俳優のファンを指す言葉から
B.英語の「Me」と「Her」から
C.音階の「ドレミファ」から
D.「み」と「は」のつく名前が多かったから

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

ミーハーの意味と語源、実は英語じゃないんです!

ミーハーという言葉

皆さんはミーハーという言葉をご存じでしょうか?
2016年現在では、すっかりと死語になってしまったような気がします。

しかし、ごくたまにテレビなどのメディアに出てきたり、年配の方の間で使われる言葉だったりします。
使い方としては、「僕の友達はミーハーで有名である」といった使い方をします。

言葉の響き的には英語が語源の言葉のようにも思えますが、
それでは、さっそくミーハーという言葉の意味について触れていきましょう!

スポンサーリンク



ミーハーという言葉の意味とは!?

ミーハーという言葉について調べてみると、以下の内容であることがわかります。

・世の中の流行や芸能人の動静に今まで無知の人が熱中したりすること
・影響を受け知ったかぶりの行為をする者

つまりは「流行にすぐ流されちゃう人」という意味になりますね!
この言葉は男性に対してもたまに使われることもありますが、主に若い女性に対しての呼称に使われる言葉です。

元々は低俗な趣味や流行に夢中になっている教養の低い人や、そのような人を軽蔑して言う蔑称でした。
しかし、最近の傾向としては、「とある出来事や人物に対して、テレビなどのメディアで取り上げられて、世間一般で話題になってから飛びつく」という意味で使われることがほとんどのようです。

ミーハーという言葉の意味についてはわかりましたね!
続いては、ミーハーという言葉の語源について触れていきましょう!

ミーハーは英語が語源じゃない!?

ミーハーという言葉は、カタカナ言葉のため一見すると英語が語源のように感じるかもしれませんが、実はそうではないのです!
昭和初期に生まれた言葉であり、その頃は「みいはあ」や「みいはあ族」などと呼ばれていたそうです。

それでは、ミーハーという言葉はどのようにして生まれたのでしょうか?
ミーハーは、元々は1927年(昭和2年)に公開された松竹映画「稚児の剣法」でデビューした林長二郎のファンのために作られた言葉だったのです!

当時では巨額の費用を投入して、林長二郎という美貌の俳優を売り出したそうです。
その結果、若い女性の間でたちまち人気となり、「みつまめ」と「はやし長二郎大好き人間」の頭文字から、「ミーハー」という言葉ができました。

ミーハーという言葉の語源はこの説が有力とされていますが、実は他にも様々な説が存在します!

よくある名前から

当時の日本は「み」や「は」から始まる名前が多かったため、転じて若い女性を指す言葉として「ミーハー」となったという説です。

音階から

音階のドレミファにかけて「ミーハー」と呼んだという説です。
音階という説に関連して、ミーハーより少し意識の高い人を指す言葉として、「ソーラー族(ドレミファ「ソラ」から)」という言葉もありましたが、それほど広まりは見せませんでした。

英語から

英語の「Me」と「Her」からきているという説です。

いくつかの説を紹介しましたが、林長二郎のファンを指す言葉から生まれた言葉というのがやはり有力な説のようです。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「A.とある俳優のファンを指す言葉から」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

他にも、こんな雑学がお勧めです。
飲酒後のラーメンが美味しい理由!
昔、サランラップで包んでいた意外な物とは?
トラウマの意味や語源、克服方法を知っていますか?

まとめ

ミーハーとは一般的に「とある出来事や人物に対して、テレビなどのメディアで取り上げられて、世間一般で話題になってから飛びつく」ことを指している。
元々は低俗な趣味や流行に夢中になっている教養の低い人や、そのような人を軽蔑して言う蔑称だった。
ミーハーは昭和初期に生まれた言葉であり、当時はみいはあ」や「みいはあ族」などと呼ばれていた。
元々は1927年(昭和2年)に公開された松竹映画「稚児の剣法」でデビューした林長二郎のファンのために作られた言葉だった。
その他にも「よくある名前から」「音階から」「英語から」など様々な説が存在している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です