このエントリーをはてなブックマークに追加

「サイダー」「ソーダ」「ラムネ」「スカッシュ」の違いって何なの?

サイダーソーダラムネ違い
この雑学では、意外と知られていない「サイダー」「ソーダ」「ラムネ」「スカッシュ」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

サイダーとは元々は何の飲み物だった?
A.スパークリングワイン
B.ブドウ酒
C.リンゴ酒
D.ビール

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

「サイダー」「ソーダ」「ラムネ」「スカッシュ」の違いって何なの?

どれも甘い炭酸で違いってあるの?

大人から子供まで広く愛飲されているのが「炭酸飲料」ですよね!
喉がカラッカラに乾いている時や、お風呂上がりなんかには不思議と飲みたくなります。

しかし、そんな炭酸飲料についてですが、様々な呼び方があるのはご存知ですよね?
筆者が知っているだけでも「サイダー」「ソーダ」「ラムネ」「スカッシュ」の4種類が存在します。

どれも甘い炭酸飲料のような気がしますが、明確な違いを説明しろと言われると、なかなか難しいものです。
今回の雑学では、その違いについてわかりやすく解説していきます!

スポンサーリンク

ラムネについて

ラムネ
まずはラムネについて解説します。
ラムネとは英語の「レモネード(lemonade)」が語源となっています。

レモネードとはレモン水のことですね!
ラムネの定義については「炭酸水にレモンやライムの香料、そして砂糖などで味付けした清涼飲料水のこと」となります。

サイダーについて

サイダー
続いてはサイダーについて解説します。
サイダーの語源はフランス語の「シードル(cidre)」とされています。

日本語にすると「リンゴ酒」を意味します。
しかし日本では「炭酸水にクエン酸や香料、砂糖などで味付けした清涼飲料水」と定義されています。

スカッシュについて

スカッシュ
続いてはスカッシュについて解説します。
スカッシュの語源は英語の「squash」となっていて、意味は「押し潰す」となります。

レモン果汁を搾り出す動作に由来して「スカッシュ」という名前がつきました。
スカッシュは「果汁と炭酸水を混ぜたもの」という定義があり、レモネード、つまりラムネもスカッシュの一種ということがいえますね!

ソーダについて

ソーダ
最後にソーダについて解説します。
ソーダは炭酸ガスを含む炭酸水の事を指します。

ということは、「ラムネ」「サイダー」「スカッシュ」については、全てソーダの一種であることがいえます。
また、炭酸ガスの原料となる炭酸水素ナトリウムや、他のナトリウム化合物の呼び名がソーダであることが語源とされています。

以前は明確な違いがあった

それぞれについて解説したとおり、ラムネやスカッシュはレモンやライム風味、サイダーはリンゴ風味、というように違いがありました。
しかし、サイダーに様々な果物の香料などが使われるようになり、それぞれの違いが曖昧となりました。

現在の傾向としてはラムネだけは明確に違いがあるようで、ビー玉が入っているものを「ラムネ」、ビー玉が入っていないものを「サイダー」と呼んで区別しています。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「C.リンゴ酒」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

「サイダー」「ソーダ」「ラムネ」「スカッシュ」の違いについて、ご理解頂けたでしょうか?

他にも、こんな雑学がお勧めです。
あまり知られていない?ピーマンとパプリカの違いを解説!
エレベーターの中で会話が無くなるのはなぜ?
脱獄した囚人がそのまま就職、その職業とは?

まとめ

ラムネは英語のレモネードが語源となっており、炭酸水にレモンやライムの香料、そして砂糖などで味付けした清涼飲料水のことである。
サイダーはフランス語のシードル(cidre)が語源となっており、日本では、「炭酸水にクエン酸や香料、砂糖などで味付けした清涼飲料水」のことである。
スカッシュは英語の「squash(押し潰す)」が語源となっていて、「果汁と炭酸水を混ぜたもの」という定義があり、レモネード、ラムネはスカッシュの一種である。
ソーダは炭酸ガスを含む炭酸水のことであり、「ラムネ」「サイダー」「スカッシュ」については、全てソーダの一種である。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です