4月23日はシジミの日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

シジミの日今日は何の日
4月23日の「今日は何の日?」は「シジミの日」です。
また「シジミの日」にちなんで「昔のお金は貝が使われていた」「トリガイの名前の由来」など貝にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

10月18日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

4月23日はシジミの日

今回は「シジミの日」について解説していきます!
なぜ4月23日が「シジミの日」なのかというと、四(し)二(じ)三(み)で「しじみ」という語呂合わせが由来となっています。

この「シジミの日」は日本シジミ研究所によって制定されました。
シジミが食品としてとても優れていることから「食品として優れていて水質浄化にも役立つシジミの有用性をアピールする」という事が目的となっています。

シジミは健康的な食品であることから、日本では古くから重宝されてきた海の食材です。
最近でもシジミは内臓に良いとされていますが、この効能は古くから知られていたため、貴重な栄養源であるシジミを日本人は好んで食べてきた歴史があります。

肝臓の機能を向上させる効果があることから、二日酔いにはシジミの味噌汁が効くとも言われていますよね!
普段はなかなか飲まないシジミの味噌汁かもしれませんが、4月23日にはたまに食卓に並べてみるのも良いかもしれませんね!

スポンサーリンク

貝の雑学

今回は「シジミの日」にちなんで「貝の雑学」を紹介します。

昔はお金の代わりに貝を使っていた

現在は当たり前のように食べられている貝ですが、実は昔は貝はお金の代わりに使われていたって知っていましたか?
昔のメラネシア(現在のオセアニア)の島々では、貝を加工して円形にしたものの中央に穴をあけ、数珠のようにつないでお金の代わりとして持ち歩いていました。

貝はそこら辺に落ちているものを使えばいくらでもお金を量産できるんじゃないか?と考えた人も多いかと思いますが、そういった事はできないようになっていました。
貝を通貨として使う場合はその島では取ることのできない貝が使われていたり、何百年も経過しているような古い貝が使われていました。

そのためお金を自分で作るといった行為はできないようになっていたそうです。
特に古い貝殻についてはとても値打ちが高くて、現在でいうところの宝石のような価値のあるものでした。

トリガイの名前の由来

寿司屋のネタとして使われている貝の中でも「トリガイ」というものがありますよね!
栄養価も高く好んで食べる人も多いのではないでしょうか。

しかしなぜ「トリガイ」という名前なのか知っていましたか?
「トリガイ」は漢字では「鳥貝」と書き、海の生物なのに「鳥」という漢字が使われるのはとても不思議ですよね。

実はこれはトリガイの味が鶏肉にとても良く似ていたからだとされています。
特に新鮮なトリガイについては肉質がやわらかくて噛んだ時の歯ごたえも鶏肉にそっくりだと言われています。

トリガイの旬は4~5月とされているのでこの時期のトリガイを食べれてみれば、この名前の由来にも納得できるかもしれませんね。
以上が貝の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(4月23日)
子ども読書の日
地ビールの日
シジミの日

■明日は何の日?(4月24日)
植物学の日
日本ダービー記念日

■昨日は何の日?(4月22日)
アースデイ(地球の日)
よい夫婦の日
カーペンターズの日

スポンサーリンク

フォローする