11月15日は昆布の日、由来と雑学を紹介【今日は何の日?】

昆布の日今日は何の日
11月15日の「今日は何の日?」は「昆布の日」です。
また「昆布の日」にちなんで「昆布が海で出汁が出さない理由」「昆布を食べると髪の毛が増えるのは本当?」など昆布にまつわる面白い雑学を紹介します。

今日は何の日?

9月26日は…

他にも365日分の記念日1000個以上の雑学を紹介していますので、朝礼やスピーチのネタとしてご活用ください。

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...
スポンサーリンク

11月15日は昆布の日

今回は「昆布の日」について解説していきます!
なぜ11月15日が「昆布の日」なのかというと、11月15日が「七五三」であることが由来となっています。

また、この時期にはその年に収穫された昆布が市場へと出回り始めることも由来の一つとなっています。
「昆布の日」については日本昆布協会によって1982(昭和57)年に制定された記念日となります。

日本昆布協会によるとこの日を「七五三の日に育ち盛りである子供達に栄養方法な昆布を食べて丈夫になってもらう、そして昆布を食べる習慣をつけてほしい」という願いから制定した記念日としています。
また「海からの贈り物である昆布に感謝をする」ということを目的としています。

昆布は実は縄文時代から食べられていたとされていて、当時から塩分を補給するための食べ物としてとても重宝されていたそうです。
平安痔だになると昆布は仏事や神事の供物として欠かせないものとなっていき、室町時代になると武家の食卓でも食べられるようになりました。

現在でも高血圧や脳卒中の予防に効果があるとされていて、低カロリーで低脂肪であることからダイエット食品としてもかなり優秀だとされています。
皆さんも「昆布の日」には栄養豊富で健康にいい昆布をぜひ食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

昆布の雑学

今回は「昆布の日」にちなんで「昆布の雑学」を紹介します。

昆布が海で出汁が出さない理由

昆布が海で出汁が出ないのなんでだろう?」というフレーズを聞いた事がありませんか?
お笑い芸人のテツadnトモのネタの一つであり、このフレーズを聞いた時にはなんとなく笑いながら聞き流していたかと思いますが、本当になぜ昆布が海で出汁を出さないのか、その理由を知っていましたか?

昆布の出汁と呼ばれている成分については、アミノ酸の一つである「グルタミン酸」という成分のことを指しています。
このグルタミン酸については昆布の細胞膜の中に含まれているため、海の中に生えている段階では外に出てこないんですね。

しかし、昆布が水揚げされて乾燥させられると細胞膜が壊れるため、細胞膜内にあったグルタミン酸が外へ漏れだして出汁となるのです。
そのため、まだ生きている段階の昆布からはほとんど出汁が出てこないのでした。

昆布を食べると髪の毛が増えるのは本当?

皆さん一度は必ず聞いたことあるはず、「昆布を食べると髪が増える」と。
育毛系のシャンプーには海藻エキスなどが含まれたものもありますが、本当に昆布で髪が生えてくるのでしょうか。

髪を生やすにはビタミンや亜鉛など様々な成分が必要です。
その中でも昆布にはフコダインという髪を生やすのに大切な成分が含まれているのです。

ただし、昆布だけ食べていても髪の毛が生えてきません。
昆布だけでは髪を生やす栄養が足りないのです。

なので昆布では足りない栄養素をしっかりと他の食べ物で補ってやる必要があるのです。
正しい食生活をした上で昆布を食べるならば、効果は期待できるかもしれないですね。

また、身体の代謝も髪を生やすには不可欠です。
食事と運動、しっかりと健康な生活が出来ている事が前提の昆布なのでした。

以上が昆布の雑学でした、いかがでしたか?

毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と1000...

■今日は何の日?(11月15日)
七五三
昆布の日
かまぼこの日

■明日は何の日?(11月16日)
ボジョレーヌーボー解禁日
幼稚園記念日
録音文化の日

■昨日は何の日?(11月14日)
いい石の日
アンチエイジングの日

スポンサーリンク

フォローする