ブルーマウンテンコーヒーの日の由来と面白い雑学、1月9日の今日は何の日?

1月9日の「今日は何の日?」は「ブルーマウンテンコーヒーの日」です。
また「ブルーマウンテンコーヒーの日」にちなんで「カフェラテとカフェオレの違い」「コーヒーは悪魔の飲み物だとされていた」などコーヒーにまつわる面白い雑学を紹介します。


1月9日はブルーマウンテンコーヒーの日

今回は「ブルーマウンテンコーヒーの日」について解説していきます!
なぜ1月9日が「ブルーマウンテンコーヒーの日」なのかというと、1967年1月9日にジャマイカ産コーヒーが初めてキングストン港から日本向けに大型出荷をしたことが由来となっています。

この日に出荷された量はコーヒー豆1400袋にもなり、1袋が60kgであったことから、84トンものコーヒー豆が輸入されたことになります。
「ブルーマウンテンコーヒーの日」については、ジャマイカコーヒー輸入協議会により制定された記念日となります。

記念日を制定することにより、ジャマイカ産のコーヒーである「ブルーマウンテンコーヒー」をさらに普及することが目的となっています。
ジャマイカは皆さんもご存じの通り、コーヒー豆の産地として有名ですが、実はジャマイカ産のコーヒー豆のほとんどが日本へと輸出されています。

過去にはジャマイカで生産されたコーヒー豆の9割が日本へ輸出された事もあるなど、日本はジャマイカにとって最大のコーヒー市場なのです。
1月9日にはぜひジャマイカ産の「ブルーマウンテンコーヒー」を味わってみてくださいね。


コーヒーの雑学

今回は「ブルーマウンテンコーヒーの日」にちなんで「カフェラテとカフェオレの違い」「コーヒーは悪魔の飲み物だとされていた」などコーヒーにまつわる面白い雑学を紹介します。

カフェラテとカフェオレの違い

「カフェラテ」と「カフェオレ」という飲み物の違いについて解説していきます。
どちらも似たような飲み物に思えるかもしれませんが、使われる材料が異なります。

カフェラテはイタリア発祥であり、イタリアでカフェといえばエスプレッソを意味します。
そしてラテがミルクという意味であることから、カフェラテはエスプレッソにミルクを入れた飲み物のことなのです。

カフェオレはフランス発祥であり、オレには「ミルクを使った」という意味があります。
つまり、カフェオレはコーヒーにミルクを入れた飲み物ということになり、そもそもベースとなっている飲み物が異なっているんですね。


コーヒーは悪魔の飲み物だとされていた

実はコーヒーは悪魔の飲み物だと考えられていた時期がありました。
キリスト教圏の国々には、イスラム教圏の国からコーヒーが伝えられました。

そして、キリスト教圏の国々では、コーヒーが黒い飲み物であることから、コーヒーを飲むと悪魔に憑りつかれると考えられていたのです。
その後、ヨーロッパにコーヒーが普及するにつれて「イスラム教徒の飲み物であるコーヒーを、キリスト教徒が飲むのはいかがなものか」と問題提起されるようになりました。

この議論に対して「こんなに美味しい飲み物を異教徒に独占させるのはもったいない」と、ローマ教皇クレメンス8世は考えました。
このことをきっかけにして、コーヒーは瞬く間にヨーロッパのキリスト教圏の国々へと普及していくこととなりました。

以上がコーヒーの雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と10...

■今日は何の日?(1月9日)
風邪の日
とんちの日
ブルーマウンテンコーヒーの日
クジラの日
パソコン検定の日

■明日は何の日?(1月10日)
明太子の日
110番の日
ひものの日
イカの日
コッペパンの日

■昨日は何の日?(1月8日)
イヤホンの日
勝負事の日
ロックの日
果物の日
歯ブラシ交換デー