振袖火事の日の由来と面白い雑学、1月18日の今日は何の日?

1月18日の「今日は何の日?」は「振袖火事の日」です。
また「振袖火事の日」にちなんで「振袖を独身女性が着る理由」「振袖に込められた意外な意味」など振袖にまつわる面白い雑学を紹介します。


1月18日は振袖火事の日

今回は「振袖火事の日」について解説していきます!
なぜ1月18日が「振袖火事の日」なのかというと、1657年1月18日に江戸で明暦の大火が発生したことが由来となっています。

明暦の大火は江戸城天守閣と市街のほとんどを焼き尽くすほどの大火事であり、死者の数は10万人にも及びました。
そして、この明暦の大火という大火事は別名「振袖火事」とも呼ばれており、以下の逸話が残されています。

上野の神商大増屋十右衛門の娘であるおきくは寺小姓に片思いをし、小姓が着ていた着物の色模様に似せた振袖をこしらえてずっと小姓を想い続けました。
しかし、恋が成就することはなく16歳の時に亡くなってしまい、その後、振袖は古着屋へと売り払われ、本郷元町の麹屋吉兵衛の娘お花の手に渡りました。

その後、今度はお花が病気になり亡くなってしまい、振袖は古着屋を経て麻布の質屋伊勢屋五兵衛の娘おたつのもとに渡りましたが、おたつも同じように亡くなってしまいました。
手にしたものを不幸にする因縁の振袖をお寺で供養しようとしたところ、振袖を火に投げ込んだ瞬間につむじ風が吹き、炎に包まれた振袖がお寺の本堂に引火し、これが明暦の大火を原因となったのでした。


振袖の雑学

今回は「振袖火事の日」にちなんで「振袖を独身女性が着る理由」「振袖に込められた意外な意味」など振袖にまつわる面白い雑学を紹介します。

振袖を独身女性が着る理由

振袖といえば独身女性が着るものであり、一般的には既婚女性は着ないというのが常識となっていますよね。
なぜ独身女性が振袖を着るのかというと、江戸時代の恋愛の仕方に関係があるようです。

江戸時代の頃には男性からアプローチがあった場合に、女性が言葉で返事をすることがはしたないものだと考えられていました。
そのため、女性は男性からのアプローチに対して、着物の袖を振ることによって返事をしていたんですね。

着物の袖を左右に振った場合は「はい」、前後に振った場合には「いいえ」という意味になり、袖を愛情表現の道具の一つとして使っていたのです。
既婚女性は男性からのアプローチに返事をする必要はなく、長い袖が不必要であるため、独身女性だけが長い袖の着物である振袖を着るようになっていたのでした。


振袖に込められた意外な意味

振袖には意外な意味が込められているってご存じでしたか?
振袖といえば現代では成人式で着用するものとなっていますが、結婚式や表彰式などおめでたい式典などでも着られるものなんです。

このようなおめでたい席で振袖を着るのも「人生の門出に身を清める」という意味が込められているからなんですね。
成人式はまさに人生の門出であり、これから新しい一歩を踏み出すために身を清めるという意味で振袖が着られるようになったのです。

日本では古来より振袖の袖を振る仕草が「お清め」や「厄払い」に通ずるものだとされてきました。
そのため、成人式のみならず、おめでたい席では振袖を着ることが定番となっていったのでした。

以上が振袖の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と...

■今日は何の日?(1月18日)
都バス記念日
118番の日
振袖火事の日
ホタテの日
防犯の日

■明日は何の日?(1月19日)
のど自慢の日
空気清浄機の日
いいくちの日
シュークリームの日
松阪牛の日

■昨日は何の日?(1月17日)
おむすびの日
防災とボランティアの日
阪神・淡路大震災の日
いなりの日
減塩の日
国産なす消費拡大の日