八十八夜の由来と面白い雑学、2022年5月2日の今日は何の日?

5月2日の「今日は何の日?」は「八十八夜」です。
また「八十八夜」にちなんで「時間が経つと緑茶が茶色になるのはなぜ?」「同じ茶葉でも飲み方でカテキンの量が変わる」など緑茶にまつわる面白い雑学を紹介します。

5月2日は八十八夜

今回は「八十八夜」について解説していきます!
八十八夜といえば「夏も近づく八十八夜」で有名ですよね!

しかし八十八夜について意外に知らない人も多いのではないでしょうか?
実は八十八夜ってその年によって日付が変わってくるんです。

八十八夜って何なの?

八十八夜は雑節と呼ばれるものの一つであり、季節の変わり目などを表す特定の日の総称です。
2022年の八十八夜は5月2日となります。

八十八夜は二十四節気である立春から八十八日目にあたり、立春についてもその年について日付が変わることから、八十八夜についてもその年によって日付が変わってきます。
八十八夜は季節が春から夏へと移り始める日であり、夏に向けて準備を始めるのに縁起が良い日だとされています。

この頃にはすっかりと寒さも無くなって穏やかな季節となり、農作業にとても適した時期となります。
八十八夜は茶摘みをする時期でもあり、この頃に積んだお茶については新茶であり、不老長寿の縁起の良いお茶だとされています。

緑茶の雑学

今回は「八十八夜」にちなんで「時間が経つと緑茶が茶色になるのはなぜ?」「同じ茶葉でも飲み方でカテキンの量が変わる」など緑茶にまつわる面白い雑学を紹介します。