世界KAMISHIBAIの日の由来と面白い雑学、12月7日の今日は何の日?

12月7日の「今日は何の日?」は「世界KAMISHIBAIの日」です。
また「世界KAMISHIBAIの日」にちなんで「桃太郎は桃から産まれた訳ではない」「さるかに合戦は内容が激変した」など昔話にまつわる面白い雑学を紹介します。


12月7日は世界KAMISHIBAIの日

今回は「世界KAMISHIBAIの日」について解説していきます!
なぜ12月7日が「世界KAMISHIBAIの日」なのかというと、「紙芝居文化の会」が2001年12月7日に創立されたことが由来となっています。

「紙芝居文化の会」には日本独自の文化である紙芝居を愛する人を始めとして、興味のある人や実際に演じてみたい人などが参加しています。
また、日本人だけでなく国境を越えて様々な国の外国人も参加しているそうです。

「世界KAMISHIBAIの日」については、会員が紙芝居を研究して学び合い、その魅力を日本のみならず世界中へと広めることが目的の記念日です。
「紙芝居」と表記せずに、あえて「KAMISHIBAI」とアルファベット表記しているのにも理由があります。

紙芝居は国境を越えるものとして、紙芝居を通じて国内だけではなく国際交流も深めたいとの願いから「KAMISHIBAI」としたのです。
日本独自の文化に注目をしてもらえて、人種を越えて興味を持ってもらえるのはとても嬉しいことですよね。


昔話の雑学

今回は「世界KAMISHIBAIの日」にちなんで「桃太郎は桃から産まれた訳ではない」「さるかに合戦は内容が激変した」など昔話にまつわる面白い雑学を紹介します。

桃太郎は桃から産まれた訳ではない

日本に存在する昔話の中でも「桃太郎」は特に有名ですよね。
誰もが桃太郎のストーリーを知っていて、桃から産まれた「桃太郎」だと思っているかもしれませんが、実は違うのです。

現代で語られている桃太郎のストーリーは子供向けにアレンジされたものなんですね。
実際の桃太郎は桃から産まれておらず、おじいさんとおばあさんが桃を食べたことによって若返り、子作りをして産まれたというストーリーとなっています。

このお話は「桃」という果物が不老長寿を象徴するものであり、弥生時代に中国から伝わって神聖なものされてきたことから影響を受けているのです。
しかし、桃太郎という昔話がいつ誕生したのかは定かではなく、一般的には室町時代の末期頃に作られたものだと考えられています。


さるかに合戦は内容が激変した

桃太郎が子供向けにアレンジされたのと同じく、さるかに合戦についても内容が激変しています。
さるかに合戦とは元々、猿に親を殺されてしまった子供の蟹が復讐をするというお話になっていますよね。

しかし、子供向けにアレンジされた結果、親の蟹は怪我をする程度で死なないという内容になりました。
更に、蟹の子供たちが「栗」「臼」「蜂」「牛糞」と強力して猿を討つ内容でしたが、猿も怪我をするだけになったそうです。

そして、最終的に猿が反省して謝ったことにより和解し、最終的にはみんなで仲良く平和に暮らし始めるという内容に・・・
「合戦」という言葉も戦争を連想させることから「さるかにばなし」となっていますが、なんでも規制をすれば良いという問題でもないですよね。

以上が昔話の雑学でした、いかがでしたか?

注目記事


毎日が「今日は何の日?」

あなたやあなたの大切な人の誕生日は何の記念日ですか?

【今日は何の日?】365日雑学カレンダー!朝礼やスピーチのネタ帳
今日は何の日?という疑問をカレンダー形式で面白い雑学と一緒に紹介します。 朝礼やスピーチのネタなどに使える365日分の記念日と10...

■今日は何の日?(12月7日)
大雪
クリスマスツリーの日
世界KAMISHIBAIの日
生パスタの日

■明日は何の日?(12月8日)
レノンズデー
針供養
アルバムセラピーの日
果物の日
歯ブラシ交換デー

■昨日は何の日?(12月6日)
姉の日
音の日
シンフォニー記念日
メロンの日
手巻きロールケーキの日