このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイジャックには意外な語源と意味が存在した

飛行機画像
この雑学では、ハイジャックの意外な語源と意味について、解説します!

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

ハイジャックの意外な語源とは?
A.空高いところで襲撃するから
B.テンションがハイだから
C.ジャックという名前が多かったから
D.高い金銭を要求するから

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

ハイジャックの語源

ハイジャックとは?

皆さんもハイジャックという言葉を何度も耳にしたことがあると思いますが、正式にはどんな意味があるのでしょうか?

飛行機を乗っ取ることがハイジャックというと認識している方が多いですが、本来は違います。
日本では、飛行機の乗っ取り=ハイジャックと誤解されている方が多いため、バスジャック・カージャック・シージャック・電波ジャックなどの言葉が存在します。
しかしそれは全て和製英語のため、飛行機以外にも、自動車・船などを乗っ取る際に、ハイジャックという言葉が使われるそうです。
実際に英語圏で、バスジャック・カージャック・シージャック・電波ジャックなどの言葉を使っても全く通じません。

更に、日本ではハイジャックは飛行機を乗っ取ること=高いところで行われる犯罪=high(高い)という意味で、ハイジャックと認識されていますが、それも実は間違いなのです。

スポンサーリンク

以外な語源とは?

ハイジャックの語源はアメリカの歴史を遡る必要があります。
ハイジャックは、アメリカの禁酒法時代に生まれた言葉です。

禁酒法とは

1920年~1933年に制定された法律で、飲酒用のアルコールの製造・販売・輸送などが禁止された法律です。

禁酒法時代のアメリカでは、強盗や追剥などの行為が盛んに行われていました。
犯行に及ぶ際に、Hi,Jack!と言葉をかけて銃を突き付けていたそうです。
こういった強盗行為の全般がハイジャックと言われていたんですね!

それからどんどん意味を変えていき、乗り物を乗っ取る時に銃を突き付けるイメージから、乗っ取り=ハイジャックとなっていきました。

なぜジャックなの?

1つ疑問として残るのが、何故ジャックと声をかけるのかについてです。
ジャックというのは、当時のアメリカの一般的な男性の名前だったそうです!
アメリカには、名前の知らない一般男性に話しかける際に、ジャックと言って話しかける事が多かったそうです!

つまりは、男性を脅す際に、適当にジャックという名前を使っていたということになりますね!
日本では、やあ!鈴木さん!みたいなところでしょうか!

雑学クイズ問題

雑学クイズ問題の答えは「C.ジャックという名前が多かったから」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

普段知らないで使っている言葉の代表ですね!
筆者も詳しく調べるまでは勘違いしていました。
他にも色々な言葉の語源を探ってみると面白いかもしれませんね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
実は、点滴の成分はアレと同じ!?
アロンアルファの歴史と意外な用途とは?
簡単に熟睡とほぼ同じ効果を得る方法

まとめ

日本人はハイジャックの語源を、high=高い場所の乗っ取りのため、ハイジャックと勘違いしている。
そのため、バスジャック・カージャック・シージャック・電波ジャックなどは和製英語で、英語圏では存在しない言葉。
本来の由来は、Hi,Jackからきている。
ジャックとは当時のアメリカの一般的な名前。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です