このエントリーをはてなブックマークに追加

ローソンは日本生まれではない!?

ローソン画像
この雑学では、大手コンビニエンスチェーンのローソンについて解説します!

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

ローソンはどの国で生まれた?
A.インド
B.イギリス
C.イタリア
D.アメリカ

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

ローソンの歴史

ローソンって日本ではどれくらい凄いの?

日本のコンビニエンスチェーンでも最大手のローソンですが、皆さんはローソンが日本でどの程度凄いかをご存じですか?
日本人なら誰もが知っているローソン、まずはデータからローソンのことを知っていきましょう!

全国にはどれぐらいの店舗数があるのでしょうか?
なんと、12,000店舗以上もあるらしいです!
街中だと結構な頻度で見かけますよね!

続いては、売上高についてです。
現在の売上は2兆円近くになっています!
ちなみに、店舗別の売り上げランキングはどうなっているかというと、1位はローソン国際展示場駅前店となっています!
この店舗は面白い事に、ある時期だけ売り上げが高くなります。
それは、コミックマーケット、いわゆるコミケの時に売上が急増しています!
面白いデータですね!

スポンサーリンク

ローソンはアメリカ生まれ?

ローソンのデータを見ていきましたが、そんなローソンは実はアメリカ生まれなのです!
元々はアメリカのオハイオ州で、J.J.ローソン氏が営んでいた、牛乳販売店がルーツとなっているみたいです!
そして、地元で着実に評判を伸ばしていった牛乳販売店は、やがてローソンミルク社へと発展するのでした!
コンビニとして有名なローソンが、実は牛乳販売店だったとは意外ですね!

既にアメリカにローソンは存在しない?

その後、ローソンミルク社は1959年に当時の食品業界大手だった、コンソリデーテッド・フーズ社の傘下となりました。
そしてこの時、ローソンの社名を採用しなかったために、アメリカではローソンという店舗が消滅してしまいました!
アメリカ生まれなのに、アメリカではなく、日本でかなり有名になっているのは不思議ですね!

日本のローソンの歴史

それでは、日本ではどのようにローソンが発展していったのでしょうか?
それは、1975年(昭和50年)に当時のスーパーマーケット・ダイエーが同コンソリーテッド・フーズ社とコンサルタント契約を結んだことが発端でした。
ちなみに、記念となる1号店は、大阪府豊中市南桜塚にあるローソン桜塚店で、今も残っているそうです!

ローソンのその後

1号店を出店させた日本のローソンはそのまま発展していき、現在の12,000店舗を達成させるのでした。
今は世界進出も果たしており、中国(上海市・重慶市・大連市・北京市)・インドネシア・ハワイ・タイにも店舗を展開しているそうです!

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.アメリカ」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

アメリカ発のローソンが、形を変えて今は世界進出も果たしているんですね!
今後もローソンを活用しようと思います!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
年越しや引越しでなぜそばを食べるのか
アロンアルファの歴史と意外な用途とは?
歯医者がコンビニより多いのはなぜ?

まとめ

ローソンは12,000店舗以上を展開し、約2兆円を売り上げていて、店舗別の売上高ランキングの1位はローソン国際展示場駅前店。
ローソンは元々は牛乳販売店でアメリカ生まれである。
日本では1975年にローソン1号店となるローソン桜塚店を出店した。
今は世界進出も果たしていて、中国(上海市・重慶市・大連市・北京市)・インドネシア・ハワイ・タイにも店舗を展開している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です