このエントリーをはてなブックマークに追加

短期で簡単!最も効果的な記憶術とは?

短期で簡単記憶術
この雑学では、誰でも簡単に短期的に実践できる、効果的な記憶術について解説します!

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

記憶するにはどれが1番最適か?
A.黙読する
B.音読する
C.人に音読してもらう
D.音読しながら書く

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

最も効果的な記憶術とは

受験勉強や資格勉強の時に

受験勉強や資格取得のため、あるいは会社で業務知識が必要な時、必ず勉強をしなければなりません。
人生の大半は勉強といっても過言ではありません。

勉強するという事は、たくさんの知識を吸収し、脳に記憶しなければいけません。
しかし、人間の記憶を長期的に残しておくことは難しく、時間の経過と共に、ほとんどの記憶が抜け落ちてしまいます。

それでは、どのように記憶を定着するのが良いのでしょうか?

スポンサーリンク

静かな場所で黙読するのは間違い?

一般的には、静かな場所で集中し、黙々と勉強する事が良いイメージがありますよね?
勉強後も充実感があり、なんとなくたくさん記憶できた気がします。

しかし、意外にこの方法は間違えているんです。
人間の記憶力は、脳を刺激する感覚が多いほど高められるそうです!

静かに黙読するだけでは、視覚しか使用されていません。
そのため、視覚以外の五感が全く使用されておらず、脳への刺激が足りないのです!

せっかく五感があるのですから、色々な感覚を駆使して記憶しましょう。

五感をなるべく使う記憶術とは

説明したとおり、人間が効果的に記憶に定着させるためには、脳の感覚をなるべく刺激すること、つまり五感をなるべく使うことが効果的だということがわかりました。

では、どのように記憶するのが効果的なのでしょうか?
それは、音読しながらメモを取ることです!

黙読よりも音読が効果的な理由

まずは、黙読よりも音読が効果的な理由についてです。
音読することにより、文字を読むために視覚、自分の声を耳で聞きとるために聴覚を刺激されます。

既に、黙読よりも音読の方が刺激される感覚が多いため、黙読よりも音読が効果的なのがわかりましたね!
しかし、実は視覚と聴覚以外にも刺激されている感覚があります。

それは、声を出すために刺激されている、唇や舌の感覚です。
この事から、黙読よりも音読する方が効果的な記憶術であることがわかります!

更に効果的に記憶する

音読がいいことがわかりましたが、更にメモを取ることにより、より効果的に記憶を定着する事が出来ます。
これは、書く事により、手先の感覚を使うことが出来るからです。

さらに、メモをした文字をもう1回音読することにより、視覚と聴覚を刺激し、効果的に記憶を定着させます。
多くの方が経験済みかと思いますが、読むだけよりも、書きながらの方が記憶に残るのは、感覚を使うというしっかりとした理由があったのです。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「D.音読しながら書く」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

以上が簡単で効果的な記憶術でした!
明日から是非実践してみてくださいね!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
誰でも簡単に嘘を見抜く方法とは!?
バターは昔、食用じゃなかった!?
野球のホームベースは昔、四角形だった!?

まとめ

記憶を定着させるには、脳の感覚を刺激する必要がある。
黙読よりも音読の方が、様々な感覚が刺激されるため、記憶の定着に有効である。
また、メモを取りながら記憶する事により、更に多くの感覚を刺激し、効果的に記憶を定着させることが出来る。
読むだけよりも、書きながらの方が記憶に残るのは、「感覚を多く使うから」というしっかりとした理由が存在する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です