このエントリーをはてなブックマークに追加

食べ物雑学!頭がよくなる食べ物と物質とは?

頭がよくなる食べ物
この雑学では、頭がよくなる食べ物と物質について解説します!

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

この中で頭が良くなるとされている物質は?
A.DHA
B.EPA
C.ヒスタミン
D.リジン

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

頭がよくなる食べ物とは?

食べて賢くなろう!

食べ物を食べている時は本当に幸せな時間ですよね!
食べることにこだわりがない人でも、おいしいものを食べれば自然と頬が緩みますし、幸せな気分になります。

これは、脳がドーパミンという幸福を感じるホルモンを分泌するためだって知っていましたか?
そんな、見た目や気持ち的なおいしさとはまた別に、「栄養学的に脳が元気になって賢くなる食べ物」があります。

しっかりと食べる事によって、仕事や勉強の効率もグッと上がります!

スポンサーリンク

脳が賢くなる食べ物と物質その1

一つ目は、「レシチン」が含まれている食べ物です。
この物質は多くの動植物が持っていて、大豆や卵黄、牛肉、酵母、レバーなどに多く含まれています!

脳細胞を活性化させることから、レシチンはIQ食品、天然の精神安定剤とも呼ばれています。
脳の神経細胞は、シナプスという突起の先端を通じて情報を交換し、記憶の蓄積や状況の分析をしています。

このシナプスが発達していればいるほど、頭の回転が速いと言えるんですね!
精神障害や痴ほう症の患者は、このシナプスの数が極端に少ないか、退化しているという特徴があります。

つまり、脳の良し悪しはシナプスで決まるのです!
レシチンは、このシナプスを発達させ、脳細胞を活発にする作用があります。

また、新しい細胞を作ったり、脂肪の燃焼や不要な物質を排出したりするのも手助けします。
細胞が常にきれいな状態を保てるようにしてくれるレシチンは、老化防止や美容にも強い味方なのです!

理想の量のレシチンを摂取するには、なんと1日にドラム缶いっぱいの大豆を食べないといけません。
・・・どう考えても無理ですよね?

そこで、緑黄色野菜やレバーに含まれるこりんという成分がレシチンのもとになるので、それで補うか、サプリメント等で効率よく摂取することをお勧めします。

脳が賢くなる食べ物と物質その2

二つ目は「マルチビタミン」が含まれている食べ物です。
複数種のビタミンを組み合わせたサプリメントのことを指します。

ビタミンは1度の食事で複数の種類を摂取することで効果が大きくなります。
もちろん野菜や肉、魚などの食べ物にも含まれていますが、食品で摂取しようとすると、ビタミンの種類が偏りがちとなります。

やはりこれについても、サプリメントで補うことをお勧めします。

脳が賢くなる食べ物と物質その3

3つめは「DHA」、つまりドコサヘキサエン酸が含まれる食べ物です。
昔から頭がよくなると評判の物質ですね!

マグロやイワシ・カツオなどの青魚に多く含まれていて、シナプスを活性化させます。
ちなみに、野菜や果物にも、DHAを作るための成分は含まれています。

なかでもクルミはDHAを作るための成分を多く含んでいます。
韓国では昔から頭をよくする食べモノとして知られ、受験生のお守りとして持たせているそうです!

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「A.DHA」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

これらの物質を多く摂取して、効率よく勉強をしてどんどん賢くなりましょう!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
ソフトボールは元々、屋内スポーツだった!?
野球雑学!面白いメジャーリーグの豆知識!
歴史上最も短い戦争はわずか40分で終了した!?

まとめ

頭がよくなる物質は、「レシチン」「マルチビタミン」「DHA(ドコサヘキサエン酸)」。
レシチンは大豆や卵黄、牛肉、酵母、レバーに含まれているが、サプリメントで補うのがオススメである。
マルチビタミンは、野菜や肉、魚などの食べ物にも含まれてるが、サプリメントで摂取するのがおすすめである。
DHAは、マグロイワシ・カツオなどの青魚に多く含まれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です