このエントリーをはてなブックマークに追加

ラーメンどんぶりの模様の意味と由来、知っていますか?

この雑学では、ラーメンどんぶりの模様の意味について解説します。
ラーメンどんぶり模様意味

スポンサーリンク

雑学クイズ問題

ラーメンどんぶりの内側の渦巻き模様は何をあらわしている?
A.雲
B.雷
C.迷路
D.お金

答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!

ラーメンどんぶりの模様の意味と由来、知っていますか?

ラーメンどんぶりの四角い渦巻模様

ラーメンは本当に美味しいですよね!
しかし、ラーメンを食べていて気になったことはありませんか?

そう、ラーメンどんぶりの内側や縁に描かれている、あの四角い渦巻き模様のことです。
迷路のようにも見えますし、角ばった雲がたなびいているようにも見えなくもないです。

この模様の意味や由来、知りたくはありませんか?
このどんぶりに描かれた模様の由来は、中国・殷の時代(紀元前1500~1000年)の青銅器にも見られる「雷文(らいもん)」です。

この「雷文」は稲妻をあらわしたもののようで、中国人は雷光や雷鳴は天の意思をあらわすと考えていて、おそれ崇めていたそうです。
つまり、ラーメンどんぶりの模様の由来は、中国人が崇めた雷を図案化したものからきているということなのです!

スポンサーリンク



雷文以外の模様について

ラーメンどんぶりには雷文以外にも様々な模様が描かれていますよね!
実はその模様についてもぞれぞれに意味をもっているのです。

「鳳凰」の模様は、古代中国でももっとも高貴で幸運を招く空想上の鳥を描いたもの。
「鳳」は雄鳥で皇帝の紋章、「凰」は雌鳥で皇后の紋章として用いられていました。

「龍」の模様として描かれているのは、天帝の死者として古くから崇められた空想上の動物です。
その昔は、皇帝以外は使ってはいけない紋章で、爪を四つにすることで、皇帝の紋章として区別されていました。

「双喜文(そうきもん)」は、皆さんもよくご存知の「喜」という文字が二つ並んだ模様で、こういう文字がいかにも中国にありそう!と思いますよね?
しかし、これは、新郎新婦が並んで喜んでいる姿を文字化したもので、本来は結婚式のときにのみ使われるマークのようです。

ラーメンの器になぜ中国の特別な模様が?

それでは、なぜラーメンのどんぶりにこういった特別な模様が描かれるようになったのでしょうか?
実はその真相は確かではなく、いつ、誰が描き始めたのかも不明のようです。

そもそも中国には、ラーメンという料理がないのはご存知でしょうか?
ラーメンが東京で食べられはじめたのも大正時代に入ってからなので、それほど歴史のある料理ではないのです。

ここで私自身「ラーメンの器にそんな中国の高貴な模様などを描く必要はなかったんじゃないか?」とも思いました。
おそらく、「中国風の器にしたい」という簡単な発想からこの模様たちが使われ始めたのだと予想します。

雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「B.雷」でした!

この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。
全て解けたら雑学王かも!?
【目指せ雑学王】面白い雑学クイズ問題集!【解説付き】

ラーメンのどんぶりになぜ模様が描かれるようになったかをご存じの方はぜひご一報を!

他にも、こんな雑学がお勧めです。
イスラム教徒が豚肉を食べてはいけない意外な理由とは?
全く知られていないトランプのマークと絵柄の本当の意味
胃酸によって胃が消化されない理由

まとめ

ラーメンのどんぶりに描かれている模様の由来は、中国が殷のころに使われていた高貴な意味の模様である。
それぞれの模様にも意味が込められている。
しかし、なぜその模様がラーメンのどんぶりに描かれ始めたのかはわかっていない。
そもそも中国には、ラーメンという料理がない。
ラーメンが東京で食べられはじめたのも大正時代に入ってからである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です